その他
大手町・丸の内・有楽町エリアを起点にサステナブルなアクションを 「大丸有SDGs映画祭2023」 9月4日より開幕

~4年目となる今年度は、新会場「大手町仲通り」での屋外上映を実施~

三菱地所株式会社、農林中央金庫、株式会社日本経済新聞社、株式会社日経BP等で構成される大丸有SDGs ACT5実行委員会は、今年度も大手町・丸の内・有楽町エリア(以下、「大丸有エリア」)を起点に、企業の枠を超えてSDGs活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」を開催しております。そのシンボルイベントとして、SDGsに通じるテーマの映画作品を集めた「大丸有SDGs映画祭2023」を94()921()に開催いたします。

■「大丸有SDGs映画祭2023」の注目ポイント
・SDGsに通じるテーマの映画と、上映後のトークショーを通じて、社会課題に触れるきっかけを提供
・新しい上映会場として、大手町仲通りでの屋外上映会も実施
・ノーベル平和賞受賞者のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と、南アフリカのアパルトヘイト撤廃に尽力したデズモンド・ツツ大主教のドキュメンタリー映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』を劇場公開前特別先行上映!上映後トークにはSUGIZOさん(ミュージシャン)が登壇!
・ホームレスとなったイギリスの青年の実話に基づく話題作『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』上映後トークには、俳優・美弥るりかさん(元宝塚歌劇団)が登壇!

「大丸有SDGs映画祭」は、多くの人が親しみやすい映画を切り口として、様々な社会課題について、その渦中にいる人たちのリアルな「顔」、「声」、「想い」に触れてもらう場を提供することを目的としています。昨年度は世界の情勢を考えるきっかけとして難民をテーマにした作品など全10作品を上映し、計697名にご参加いただきました。
 4年目となる本年は、昨年に引き続き戦争や紛争が耐えない世界の今に関心を持っていただけるよう、その状況を変えていくための大切なヒントをくれる作品、ノーベル平和賞受賞者のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と、南アフリカのアパルトヘイト撤廃に尽力したデズモンド・ツツ大主教のメッセージが詰まったドキュメンタリー映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』を劇場公開前特別先行上映します。以前にシリア難民キャンプを訪問されたご経験もあるミュージシャンのSUIGIZOさん、ユナイテッドピープル㈱の関根健次さん、朝日新聞国際報道部記者の牛尾梓さんによるトークショーを実施します。

2.PNGまた、コロナ禍から日常が戻ってきた今こそ、ここ数年で日本でも深刻化した貧困問題を取り上げ、オープニングではホームレス状態となったイギリスの青年の実話に基づく話題作『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を上映。俳優として活躍中の美弥るりかさん(元宝塚歌劇団)、ビッグイシュー日本東京事務所所長の佐野未来さん、作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さんによるトークショーを実施します。

本映画祭は、丸ビルや東京国際フォーラムのホールだけでなく、3×3Lab Futureのようなコワーキング施設や、今回新会場となる大手町仲通りでの屋外上映まで、大丸有エリアの様々な場所を会場とします。また映画上映後には前回までと同様に、作品が取り上げる課題の現場に関わられているゲストを迎えたトークショーを実施します。さらに本映画祭が開催される20239月は関東大震災から100年の節目を迎えるタイミングでもあります。ご参加の皆様に日常から防災を意識していただくことを祈念して、上映会の参加で獲得できる3つ以上のスタンプで、災害時にも役立つ「大丸有SDGs映画祭オリジナル防災グッズ」がもらえるプレゼントキャンペーンも併せて実施します。

大丸有SDGs ACT5実行委員会は、本映画祭が、SDGs達成に向けて個人が社会課題をより深く理解し、行動が変化するきっかけになることを目指しています。

<「大丸有SDGs映画祭」 開催概要>
■名称  「大丸有SDGs映画祭2023」
■主催  大丸有SDGs ACT5実行委員会
■会期  2023年9月4日(月)~9月21日(木)
■協力  ユナイテッドピープル株式会社
■後援  国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会

3.PNG

■大丸有SDGs映画祭2023総合プロデューサー 
    井上 成(大丸有SDGs ACT5実行委員会 運営委員長、三菱地所株式会社エリアマネジメント企画部担当部長)
■大丸有SDGs映画祭2023アンバサダー
    アーヤ 藍 (映画キュレーター)
■会場  大丸有エリア内の全5か所のスペース

4.png

■上映作品  長編全9作品を上映
      ◇大切なものは自分の手で守りぬく
       『RBG 最強の85才』、『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』
      ◇人とのつながりが未来をつくる
       『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』、『みんなの学校』、『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』
      ◇「正解」がない問題を一緒に考えよう
       『ポバディー・インク あなたの寄付の不都合な真実』、『グレート・グリーン・ウォール』、『ミート・ザ・フューチャー 培養肉で変わる未来の食卓』
      ◇スペシャル上映
       『イン・ザ・ハイツ』

※「大丸有SDGs映画祭オリジナル防災グッズ」のプレゼントキャンペーンの詳細(対象となる品物等)は、「大丸有SDGs映画祭2023」公式サイトにてご案内いたします。
公式サイト:https://act-5.jp/act/2023film/
 ・実施期間: 2023年9月4日(月)~9月21日(木)
 ・概要: 全9回の上映会で、1回につき1個以上*のスタンプを会場で押印します。スタンプを3つためると、もれなく「大丸有SDGs映画祭オリジナル防災グッズ」をプレゼントいたします。
       *上映会のうち、オープニング(9/4)、クロージング(9/21)は、スタンプが2つ獲得できます。
 ・グッズの受け取り方法: スタンプが3つたまった方は、上映会場にて、お客様のスタンプカードと引き換えに、グッズをお渡しいいたします。※お客様のスタンプカードは回収させていただきます。

■日程・登壇ゲスト

5.PNG

6.PNG

7.PNG

■上映スケジュール 公式サイトをご確認ください。(公式サイト:https://act-5.jp/act/2023film/


■参加申込方法 上記公式サイトより各回のチケット購入専用ページ(PEATIX WEBサイト)に推移し、ご購入頂けます。
※鑑賞チケットは有料(1,000円)です。 ※障がい者手帳をお持ちの方は500円(付添の方も1名まで500円)。

8.png<大丸有SDGs ACT5実行委員会とは>
大丸有エリアに拠点を置く企業が集まり、SDGsに定める目標を実現する期限まで10年前となる2020年5月に発足しました。大丸有エリアを起点として、企業間連携によるSDGs活動の相乗効果を検証し、SDGsモデル都市の構築を目指す「大丸有SDGsACT5」を推進する組織です。2023年は「サステナブルフード」「環境」「ひとと社会のWELL」「ダイバーシティ&インクルージョン」「コミュニケーション」の5つのACT(テーマ)を設定し、様々なアクションを展開していきます。
大丸有SDGs ACT5公式サイト:https://act-5.jp
2023年度プレスリリース:
https://www.mec.co.jp/event_campaign/detail/2023/05/08_mec230508_ACT5

【実行委員会構成企業・団体】
三菱地所(委員長)、農林中央金庫(副委員長)、日本経済新聞社(副委員長)、
日経BP、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、大丸有エリアマネジメント協会、
大丸有環境共生型まちづくり推進協会、丸の内熱供給、三菱総合研究所、東京国際フォーラム

clipmailtwitterfacebook