このページの本文へ
サステナビリティ経営

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

三菱地所グループでは、より積極的にグループ全体でサステナビリティの推進を図るため、三菱地所(株)執行役社長を委員長、サステナビリティ統括責任者を副委員長(三菱地所(株)サステナビリティ推進部担当役員)とし、各機能・事業グループの統括役員・担当役員、コーポレートスタッフ担当役員、主要グループ会社のトップ等で構成される「サステナビリティ委員会」を設置するとともに、その事前協議機関として「サステナビリティ協議会」を設けています。

「サステナビリティ委員会」は、原則年2回開催し、サステナビリティに関する重要事項の審議・報告を行っています。また、これに先立ち、「サステナビリティ協議会」において事前協議・報告、事業グループ等におけるサステナビリティ推進活動に関する情報の集約を行っています。

「サステナビリティ委員会」の審議事項は、内容の重要度等を鑑み、必要に応じて「経営会議」への付議がなされます。また、「サステナビリティ委員会」の内容については、取締役会にて報告され、監督される体制となっています。

なお、「サステナビリティ委員会」においては方針・計画の立案などを実施しており、本委員会にて承認された方針・計画の実行にあたっては、「サステナビリティ統括責任者」のもと、三菱地所各部・三菱地所グループ各社のサステナビリティ推進責任者、担当者、サステナビリティ推進事務局(三菱地所(株)サステナビリティ推進部)を中心に具体的な活動・検討を進めています。

目次へ戻る

重要テーマに関するモニタリング体制

2020年度よりスタートした「長期経営計画2030」で掲げる「社会価値向上戦略」の柱として「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」(以下、三菱地所グループのSDGs2030)を策定し、その中で2030年に向けた4つの重要テーマ「Environment」「Diversity & Inclusion」「Innovation」「Resilience」を定めました。テーマごとに取り組み方針や目標を掲げており、中でも「Environment」においては、SBT策定・RE100加盟等国際的なイニシアティブと関連した定量目標を設定しています。

これらの目標達成に向けて、各重要テーマに関する年度目標および取り組みを各事業グループ・機能グループごとの年次計画に盛り込む運用とし、サステナビリティ委員会においてグループ全体の活動についてPDCAサイクルでマネジメントしています。また、目標内容や進捗状況に関して、第三者機関による定期的なモニタリングを行っています。

なお、年次計画の達成状況は、役員報酬の定性評価項目の一つとして位置づけています。

目次へ戻る

サステナビリティ委員会開催実績

2020年度

第1回(2020年7月)

  • サステナビリティ委員会規定およびサステナビリティ協議会規定の一部改正について
  • 「大丸有 SDGs ACT5」について
  • 「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」達成に向けたロードマップと課題分析
  • 直近のトピックス等について
    • 三菱地所グループのSDGs関連リリース
    • サステナビリティに関するトピックス(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う世界情勢を踏まえた近況報告)
    • 三菱地所主催プロモーション関連の現況

第2回(2021年2月)

  • 大丸有エリアにおける再エネ電力導入について
  • 三菱地所レジデンスにおける型枠コンクリートパネルのトレーサビリティ確保に関する取り組み
  • 「大丸有SDGs ACT5」開催報告
  • サステナビリティに関するインナーコミュニケーション施策の展開について
  • ESGインデックス・ベンチマーク対応について
  • 「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」推進に向けた第三者チェックの実施について

委員会開催履歴

2019年度

第1回(2019年12月)
  • サステナビリティ経営に関する長期(2050)ビジョン※1、中長期目標(2030)※2の設定について
  • ESG投資・各種ベンチマークの対応状況について
第2回(2020年2月)
  • 「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」に関するアクションプランのスパイラルアップに向けた推進計画とチェック体制、および人権分野における具体的なアクションプラン案について
  • RE100加盟とTCFD提言への賛同について

2018年度

第1回(2018年7月)
  • KPIの数値目標の設定とバウンダリー(開示対象範囲)の拡大について(SBT=温室効果ガスの中長期排出削減目標内容の検討含む)
  • SDGs社内ワーキングの実施(マテリアリティ検討含む)
  • 統合報告書発行について
  • 人権デューデリジェンスの進め方について
  • グリーンボンド発行について
第2回(2019年3月)
  • SDGsワーキング実施報告について
  • 中長期のCO2排出削減目標(SBT)参加の件
  • KPI見直しの件
  • 規定及び組織改称(2019年度より「環境・CSR推進部」を「サステナビリティ推進部」に改称)

2017年度

第1回(2017年7月)
  • 2016年度CSR重要テーマ・KPIの実績報告
  • CSR活動報告 ほか
第2回(2018年2月)
  • SDGsへの取り組み、CSR重要テーマ及びKPIの見直しについて
  • 人権デューデリジェンス勉強会発足について

目次へ戻る