このページの本文へ
サステナビリティ経営

外部イニシアティブ・認定

イニシアティブ

「国連グローバル・コンパクト
に署名」
(2018年4月)

国連グローバル・コンパクト

三菱地所グループは、2018年4月に国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」に署名しました。当社は「人を、想う力。街を、想う力。」をコーポレートスローガンに、まちづくりを通じて社会に貢献することを基本使命に掲げています。今後は、この使命とともにグローバル・コンパクトが示す「人権の保護」「不当な労働の排除」「環境への対応」「腐敗の防止」などの10原則を支持し、当社の事業に即した目標および指針を策定して経営のPDCAサイクルに活用することで、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

Science Based Targets(SBT)の認定取得

Science Based Targets

2019年4月、三菱地所グループが、脱炭素社会の実現に向けて策定した、グループ全体の温室効果ガスの中長期排出削減目標が、パリ協定の2℃目標を達成するための科学的知見と整合した水準として、SBTイニシアチブより認定されました。

<目標>
三菱地所グループは、CO2排出の総量(scope1+2+3)を、2017年比で、2030年までに35%、2050年までに87%削減する。

RE100へ加盟

RE100

2020年1月31日に、世界で影響力のある企業が事業で使用する電力の再生可能エネルギー100%化にコミットする協働イニシアティブである「RE100」へ加盟しました。

三菱地所グループでは、本加盟に基づき、再生可能エネルギーを活用したサステナブルなまちづくりを推進していきます。

RE100は、気候変動に関する国際NGO「The Climate Group」が、投資家・企業・都市・国家・地域が環境影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営する国際NGO「CDP」とのパートナーシップのもと運営する国際的なイニシアティブです。事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す企業で構成されています。

TCFD提言への賛同

TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)

2020年2月3日に、TCFD提言への賛同の表明を行いました。今後、TCFDが提言する情報開示フレームワーク(気候変動のリスク・機会に関するガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標)に沿った開示を進めるとともに、気候変動に関するガバナンスや事業戦略の更なる強化を目指します。

TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)は、G20の要請を受け、金融安定理事会(FSB)により、気候関連の情報開示及び金融機関の対応をどのように行うかを検討するため設立された「気候変動関連財務情報開示タスクフォース」です。TCFDは2017年6月に最終報告書を公表し、企業等に対して気候変動関連リスク及び機会に関する項目について開示することを推奨しています。

外部評価

SRIインデックスなどの状況

下記のSRIインデックス(社会的責任投資指数)等に選定されています。(2020年1月末時点)

  • 「FTSE4Good Global Index」18年連続
  • 「FTSE Blossom Japan Index」3年連続
  • 「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」3年連続
  • 「MSCI日本株女性活躍指標」
  • 「S&P/JPXカーボンエフィシェント指数」
  • SNAM Sustainability Index 8年連続
  • 「GRESB Public Disclosure」3年連続
  • 「GRESB-Real Estate 2019」3スター/グリーンスター
  • 「CDP気候変動質問書2019」においてスコア「A-」を取得

社会的責任投資とは、企業への投資を行う際に、経済面に加え、環境・社会への取り組みやコーポレート・ガバナンスを評価基準に取り入れる投資手法です。これからも事業とサステナビリティを一体的に推進し、持続可能な企業経営を追求していきます。

FTSE4Good

FTSE Blossom Japan

Member of SNAM Sustainability Index

GRESB PUBLIC DISCLOSUE 2019

GRESB REAL ESTATE

CDP

DBJ Green Building 認証・CASBEE取得への取り組み

三菱地所(株)では、不動産における社会・環境配慮に取り組み、積極的に発信を行っています。
2019年4月末時点で(株)日本政策投資銀行(DBJ)が実施する「DBJ Green Building 認証」制度において、15物件が認証を取得しています。この認証制度は、環境・社会への配慮が優れた不動産(グリーンビルディング)を対象に、日本政策投資銀行が「建物の環境性能」「テナント利用者の快適性」「リスクマネジメント」「周辺環境・コミュニティへの配慮」「ステークホルダーとの協働」の5つの視点で総合的に評価し、スコアに基づいて5段階の評価ランク(1つ星から5つ星)の認証を行うもので、三菱地所の開発物件における環境配慮の取り組みが評価されました。
また、国土交通省が支援する認証制度で、建築物の環境性能や快適性などさまざまな側面から評価・認証を行う「CASBEE」(建築環境総合性能評価システム)において、11件認証を取得しています。今後も、環境配慮型ビルへの期待や関心の高まりに応え、価値ある不動産の開発に取り組むとともに、テナントや投資家の皆さまをはじめステークホルダーへの訴求をめざしていきます。

000

CASBEE(新築設計)/
DBJ Green Building認証/
ABINC認証取得数