このページの本文へ
サステナビリティ経営

外部からのESG関連評価

ESGインデックス選定・
外部評価等の状況

三菱地所(株)は、下記のESGインデックス(社会的責任投資指数)・ ベンチマーク等から選定・評価を受けています。(2021年7月末日時点)

  • 「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」
  • 「S&P Global Sustainability Yearbookメンバー 2021」
  • 「FTSE4Good Global Index」20年連続
  • 「FTSE Blossom Japan Index」5年連続
  • 「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」5年連続
  • 「MSCI日本株女性活躍指数」4年連続
  • 「S&P/JPXカーボンエフィシェント指数」4年連続
  • 「SOMPO Sustainability Index」10年連続
  • 「GRESB Public Disclosure」4年連続
  • 「GRESBリアルエステイト評価 2020」
    -「GRESBスタンディング・インベストメント・ベンチマーク」※1において「5スター」取得
    -「GRESBディベロップメント・ベンチマーク」※2において「4スター」取得
    • 既存物件ポートフォリオに関する評価
    • 新規開発・大規模改修ポートフォリオに関する評価
  • 「CDP気候変動質問書2020」における最高評価「Aリスト」
  • 「CDPサプライヤーエンゲージメント評価」における最高評価 「リーダーボード」
  • 「健康経営優良法人2021(大規模法人部門(ホワイト500))」 認定

社会的責任投資とは、企業への投資を行う際に、経済面に加え、環境・社会への取り組みやコーポレート・ガバナンスを評価基準に取り入れる投資手法です。これからも事業とサステナビリティを一体的に推進し、持続可能な企業経営を追求していきます。

目次へ戻る

環境不動産認証取得への取り組み

三菱地所(株)では、不動産における社会・環境配慮に取り組み、積極的に発信を行っています。今後も、環境配慮型ビルへの期待や関心の高まりに応え、価値ある不動産の開発に取り組むとともに、テナントや投資家の皆さまをはじめステークホルダーへの訴求をめざしていきます。

「DBJ Green Building 認証」「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)」等、三菱地所グループにおける環境不動産認証の取得状況は、下記のページをご覧ください。

環境不動産認証の取得推進

目次へ戻る