このページの本文へ
三菱地所グループの
Sustainable Development Goals 2030

三菱地所グループのマテリアリティ

三菱地所グループでは、サステナビリティを経営に統合し、グループ全体でより一層推進していくため、2018年度に全社横断でワーキングを実施しました。ワーキングにおいては、SDGsの観点で当社グループが注力して取り組むべきテーマを、7つのマテリアリティ(サステナビリティ経営上の重要課題)として新たに特定し、併せてマテリアリティごとの機会とリスクを整理しました。このマテリアリティを踏まえた「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」を策定し、長期経営計画の中で、重要テーマの達成に取り組んでいます。

マテリアリティ特定のプロセス

STEP01

事業部門ごとに“強み・特徴”を整理

  • 事業ごとのプロセス整理
  • 自社の強み/特徴(価値創造における源泉)の明確化

STEP02

事業活動に関わる55の事業環境変化を抽出

  • SDGsなど社会課題・動向の洗い出し
  • 事業プロセスとSDGsなど社会課題・動向の関係性整理
  • 事業プロセスの関係性に加え中期経営計画(2018/3期~2020/3期)の観点及び事務局の観点で、社会環境・動向を精査

STEP03

部門業務・中期経営計画(2018/3期~2020/3期)・
外部評価の3つの観点から重視すべき社会課題・動向を24項目抽出

  • 社会課題・動向ごとに、事業における機会・リスクの洗い出し
  • 機会・リスクの観点からマテリアリティをグルーピング化
  • ワーキング事務局にて精査

24の社会課題・動向

  • 気候変動の深刻化
  • 既存資源の枯渇とそれに伴う社会全体としてのエネルギー構成変化
  • 自然災害(地震災害含む)の増加
  • IoTのさらなる進化と浸透の拡大
    (バーチャル化・情報拡散の加速含む)
  • e-コマース・オムニチャネルや決済手段の多様化
  • アジアを中心とした新興国の経済成長
  • 心身の健康・医療・ウェルネスへの関心の高まり
  • 高齢化の加速と高齢者の社会的位置付けの変化
  • 女性の社会進出の進展・社会のダイバーシティ化
  • ソーシャルインテグレーション・ユニバーサルデザインへのニーズの高まり
  • 既存公共インフラ・住宅の老朽化・ストック(空き家含む)の増加
  • ライフスタイル及び働き方の多様化
  • 自然環境・自然資源の劣化
  • テロ・犯罪等(感染症発生リスク含む)による社会不安の増大
  • 関連原価の上昇リスク
  • 人工知能技術の革新(自動運転技術の普及含む)
  • グローバル化の進展
    (インバウンド・アウトバウンドの増加/移民拡大含む)
  • 世界全体での人口増加と食糧不足化
  • 総人口及び労働人口の減少
  • サプライチェーン上におけるリスクの顕在化
    (人権課題の深刻化含む)
  • 国内における外国人労働者の増加
  • 地域コミュニティの見直しと再生化(地方の過疎化と大都市圏の人口増加含む)
  • 公共施設の民営化等民間活力の導入推進
  • シェアリングエコノミー等消費形態の多様化

STEP04

社内外で認識を共有していくためにステークホルダーとの対話を実施

  • マテリアリティ案の作成とステークホルダーへのヒアリング
  • マネジメント層への上申
  • マテリアリティ案について、第三者意見として3名の外部有識者にヒアリングを実施
  • 肩書は2018年12月時点
  • 立教大学 経営学部 教授・博士(経済学)
    高岡 美佳 氏
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 環境戦略・アドバイザリー部
    チーフ環境・社会(ES)ストラテジスト
    吉高 まり 氏
  • 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 教授・博士(政策・メディア)
    蟹江 憲史 氏

(順不同)

三菱地所グループのマテリアリティ

  • 環境
  • グローバリティ
  • コミュニティ
  • ダイバーシティ
  • 少子高齢化
  • ストックの有効活用
  • デジタル革新

三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030 三菱地所グループは、サステナブルな社会の実現に向けて、「Environment」「Diversity & Inclusion」「Innovation」「Resilience」の4つの重要テーマについて、より幅広いステークホルダーに、より深い価値を提供します。