このページの本文へ
重要テーマ1:Environment

廃棄物削減・リサイクル率向上

三菱地所本社における取り組み

三菱地所グループでは、「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」で掲げる重要テーマの一つ「Environment」において、廃棄物再利用率90%と排出量20%削減(2019年度比/m²あたり)を目標に掲げています。
また、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)では、廃棄物再利用率100%を目指しています。

目標の達成に向けて、革新的な技術の導入・廃棄物処理方法の見直しに加え、私たち一人ひとりが意識的にごみの減量と分別に取り組み、適切なリサイクルルートを確保し、資源リサイクル率を向上させることが重要です。循環型社会形成推進基本法では、廃棄物を出す者が3Rについて責任を負う「排出者責任」という考え方が定められています。当社グループはステークホルダーであるテナントの皆さまにも3Rの取り組みにご協力いただき、力を合わせて次の世代によりよい社会をつないでいけるよう努めます。

三菱地所(株)は、2021年2月より本社執務室内において15分別の取り組みを実施しています。また、テナントの皆さまに分別強化をお願いするにあたり、什器メーカーと協力して15分別のごみ箱をスマートに収納できるごみステーションを企画し、ご案内しています。キャビネ一体型にもできる仕様で、ごみ箱の投函口には蓋をつけず、衛生面にも配慮しています。

  • リデュース:ゴミの量を減らす、リユース:繰り返し使う、リサイクル:再度資源として生かす

三菱地所本社内における廃棄物の分別強化に向けた取り組み事例

  • 資源ごみを分別できる環境整備:可燃ごみとして廃棄されているごみの大半は再利用可能な資源ごみである為、可燃専用のごみ箱を撤去し、15分別可能なごみステーションを整備しました。
  • ミックスペーパーのリサイクル推進:封筒・紙袋等、汚れや特殊加工のない紙類(ミックスペーパー)はトイレットペーパーに再利用可能なうえ、分別強化はオフィスの可燃ごみ減量に最も効果的です。ごみステーションでは可燃ごみ箱の隣にミックスペーパー箱を設置し、分別しやすい配置にしています。
  • ペットボトルの3分別実施によるリサイクルの促進:空のペットボトルは「ペットボトル用ごみ箱」、キャップは専用容器入れ、ラベルは「廃プラスチック類」に分別しています。
  • 弁当ガラの分別・廃棄ルールの徹底:共用部給湯室で分別・廃棄するルールを徹底し、空のプラスチック製弁当容器は「廃プラスチック類」、食べ残しは「生ごみ専用入れ」、割り箸・紙ナプキンは「可燃ごみ」へ。飲み残し・氷はシンクへ廃棄しています。

15分別/廃棄物分別一覧表は以下をご覧ください。(サステナビリティガイドvol.2)

廃棄物分別一覧表(PDF 1.71MB)PDF

目次へ戻る

テナント店舗と連携した取り組み

三菱地所グループは、「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」で掲げる重要テーマの一つ「Environment」において、廃棄物リサイクル率向上と排出量削減を目標に掲げています。
また、丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)では、廃棄物再利用率100%を目指しています。

目標の達成には、当社グループだけではなく、テナントの皆さまなどステークホルダーの協力が不可欠です。そのため、2020年度より、丸ビルにおいて、店舗テナント毎のごみ計量を開始しました。分別をサポートする人員の配置やマニュアル・動画等を作成して啓発活動を行い、テナントの皆さまと共に分別の徹底を行っています。その成果として、焼却処分となる「厨芥・雑芥」排出量が減少し、生ゴミのリサイクル率が4.5%増加(前年2019年10月~12月比)しました。

今後も、テナントの皆さまのご理解とご協力のもと、循環型社会の実現に向けて、リサイクル率UP・廃棄物排出量の削減に努めて、よりよい社会を実現してまいります。

目次へ戻る