このページの本文へ
社会(S)

雇用・労使関係

従業員・労働組合との対話の推進

三菱地所(株)では、団体交渉の権利を支持するとともに、労使一体となった課題解決を重視しています。三菱地所労働組合との間で労働協約を結び、高い信頼関係のうえで、解決すべき課題や会社の向かうべき方向について真摯に話し合い、良好な関係を築いています。

労働時間については、従業員が過度の労働時間とならないよう労使協議のうえ、36協定の締結、社内の管理基準を定めるなど、一体となった取り組みを行っています。

また、従業員の健康・安全に関して同組合と定期的に対話し、これらに関する組合員の要求・要望を経営層に述べ、議論する場である「労働協議会」を開催しています。これらの活動を通じ、すべての組合員の要望を反映できるよう職場・制度改善に努めています。

目次へ戻る

公正な給与体系

三菱地所(株)では2000年から定期昇給を廃止して、能力伸長に応じた昇給制度を導入しており、MBOに基づく成果主義賞与制度、納得性の高い考課・昇格制度とすることで、社員の能力とモチベーションの向上を図っています。なお、性別による給与格差はありません。

目次へ戻る

「適正な賃金の支払い」

三菱地所グループは、事業展開国ごとに定められる法律などに基づき、最低賃金以上の支払いを行っています。
三菱地所(株)における、新卒採用者の初任給および最低賃金との比率についてはこちらに開示しています。

ESGデータ>社会関連データ

目次へ戻る

退職金給付制度

三菱地所(株)では、確定給付型の退職一時金制度と企業年金制度を設けています。

目次へ戻る