このページの本文へ
環境(E)

持続可能な木材の利用推進

方針・考え方

三菱地所グループでは、「三菱地所グループ環境基本方針」において、「自然調和型社会形成への寄与」を定めており、森林破壊を行わず 、事業活動を通じて生物多様性に配慮し、持続可能な木材利用を推進します。さらに、「三菱地所グループのSustainable Development Goals 2030」で掲げる重要テーマの一つである「Environment」「Diversity & Inclusion」において、持続可能な木材利用の推進、事業に使用する木材のトレーサビリティの確保を目標に定め、輸入木材伐採地の人権尊重、自然資源保護に配慮した持続可能な木材利用に取り組んでいきます。

目次へ戻る

目標と達成状況

三菱地所グループでは、オフィスや住宅などの建設時に使用する型枠コンクリートパネルの木材を、人権および環境保護の観点から、持続可能性に配慮した調達コードにある木材(認証材並びに国産材)と同等の木材を使用し、2030年度までに使用率100%を目指し、森林破壊をなくします 。また、「三菱地所グループ グリーン調達ガイドライン」において、「木材について森林が適切に管理されていることを審査する森林認証制度に基づく認証製品の採用や国産材の利用拡大に配慮がなされていること」と定め、三菱地所グループが調達する全ての製品・サービス、設計・施工に適用し、すべてのサプライヤーに対し協力を要請しています。

持続可能な木材利用に関する方針、および森林関連の法律や規制などを遵守し、遵守状況をモニタリングする仕組みを構築しています。

三菱地所グループの、最新の国産材使用率はこちらに開示しています。

ESGデータ>E環境

目次へ戻る

CLTの活用の推進

三菱地所グループは、国産材の活用を通じてサステナブルなものづくりを推進しています。木材活用の場を広げる建材として、近年「CLT(Cross Laminated Timber)」の活用を推進しています。

国産材のさらなる利⽤拡⼤へ向けて「CLT」の活⽤を推進

目次へ戻る

壁枠組材・構造材の一部に
国産材を標準採用

三菱地所ホーム(株)は、森林資源の適正利用と林業の持続的な発展を図るため、トレーサビリティの明確な国産木材を積極的に採用しています。国産木材を持続可能な形で使用していくことで、手入れの行き届いた健全な森林づくりに貢献し、「植える→育てる→使う→植える」という森林の循環に貢献していきます。

壁枠組材に関する取り組み

国産木材を採用した壁枠組の施工事例
(市川ホームギャラリー)構造材に関する取り組み

2015年以降、国産製材・たて継ぎ材のJAS規格改正等が整備されたことを背景に、杉の壁枠組材については1本ごとの強度を工場で測定するなど、徹底した品質管理のもとに製造された国産木材を安定的に調達できる体制づくりを進めてきました。

そして2018年11月からは、ツーバイフォー工法による新築住宅の壁枠組材に国産木材を全棟に標準採用しました。これにより、新築注文住宅1棟あたりの構造材における国産木材採用比率は、ツーバイフォー工法を手掛ける住宅メーカーとして国内トップレベルの82%となりました。

  • 同社商品「ONE ORDER」による試算値

国産材の活用例

国産材の活用例

三菱地所グループが山梨県北杜市において行っている都市農山村交流活動「空と土プロジェクト新しいウィンドウが開きます」の事業と連携し、「空と土国産材高価値化プロジェクトPDF」として、山梨県産木材の有効活用、利用拡大を進めています。2018年4月には、国産の森林認証材を床構造用合板に標準採用しました。経済的にも持続可能な責任ある木材の利用を促進し、循環型・自然調和型社会の形成に取り組んでいます。

また、(株)三菱地所住宅加工センターでは、戸建住宅向け建築構造部材への国産材利用を促進しており、2010年8月には、加工流通過程で他の製品と区別・識別するための国際的基準(FSC-CoC認証)を取得しました。

FSC-N002014
森林認証材とは、その製品に使われている木材あるいは木質繊維などが環境・社会・経済の観点から適切に管理された森林より生産された材料であることを意味します。その森林は森林認証制度により規定された原則と基準に基づいて、独立した第三者機関により審査を受け評価されています。

  • 一部商品を除く

森林経済活動を持続させるネットワーク化

目次へ戻る

環境にやさしい高耐久
高耐力壁パネルの製作

(株)三菱地所住宅加工センターは、4階建て2×4工法の木造建築向けに、従来の約14倍の強度を持つ高耐久高耐力壁パネルを製作しました。通常、戸建では使用しない24mm厚の構造用合板に信州唐松、床集成材と壁柱集成材には国産の桧や杉と、構造躯体の約54%に国産木材を採用しており、国内林業の活性化に貢献します。また、壁パネル内には68トン相当のCO2を固定する効果があり、環境にやさしい木造建築に貢献します。

高耐久高耐力壁パネルを用いた施工の様子

目次へ戻る

国産材を活用した“部屋の中の小屋”「箱の間」

三菱地所(株)と三菱地所レジデンス(株)が企画した“部屋の中の小屋”「箱の間」を三菱地所ホーム(株)が2019年9月より販売しています。

「箱の間」は、リビングなどに設置することで仕切ったり囲んだりと間取りや空間に変化をもたせ、住まいに新しい「居場所」をつくることができます。三菱地所グループでは、都市と農山村をつなげる取り組み「空と土プロジェクト新しいウィンドウが開きます」にて山梨県を中心に取り組んできましたが、「箱の間」はこの取り組みから誕生した企画で、山梨県産のスギ材を使用しています。国産材を活用することで、森林の循環サイクルを促進し、環境の保全にも貢献します。

また、新型コロナウイルス対応を機に、テレワークが普及したことをきっかけに、2020年6月より三菱地所レジデンス(株)では、新築分譲マンション向けに「箱の間」を利用したテレワークスペースを設置するサービスも開始しています。

「箱の間」新しいウィンドウが開きます

外部関係者とのエンゲージメント

三菱地所(株)は2018年9月より、不動産・建設関連の企業8社が参加する「建設・不動産『人権デュー・デリジェンス勉強会』」を発足しており、その中で環境保護および人権尊重の観点から持続可能性に配慮した木材使用について、同業他社並びに建設会社と勉強会を開催しています。人権侵害や森林破壊含む環境破壊リスクについて理解を深め、今後の更なる持続可能性に配慮した木材使用の拡充を目指し、議論を行っています。

勉強会に関する詳細はこちらで開示しています。

人権ページ 勉強会

目次へ戻る