Special
Interview

Interview

5

PROFILE

田中 康司

常盤橋開発部事業推進ユニット
副主事

2018年入社

ICTの知識を生かして、
街づくりに貢献したい。

大学卒業後は大手通信会社に入社。携帯電話の電波改善プロジェクトに関わった後、ロボティクス事業部へ異動。そこでは海外産ロボットを日本仕様にあわせるカスタマイズ提案や、導入フォローなどを担当。とても手応えのある事業だったのを覚えています。しかし、1社での活躍にこだわることなく、それまでとは違うフィールドで自分の可能性を試したくなったことがきっかけとなり、転職を決意しました。

転職活動中は他社も受けていましたが、当社が第一志望。志望理由は、学生の頃に憧れていた大規模な都市開発に携われる貴重なチャンスがあることに加え、当社がICTを活用した街づくりにチャレンジしており、自身が前職で培った知識・経験も活かせるのではないかと思ったからです。

img

先進的な技術を、
街づくりに生かす面白さ。

入社後は、東京駅前の「常盤橋プロジェクト」の一員に。幸運なことに私の場合、前職での経験を活かせるようにと、ICT領域でのプロジェクト推進を任されました。具体的にいうと「セキュリティの仕様をどうするか」、「就業者向けにどんなICTサービスを提供すべきか」などをチームメンバーとともに考え、決定していくのが私のミッションでした。

想定外だったのは、私のような異業種出身でも積極的に発言できる環境だったこと。一人ひとりのアイデアを否定することなく、まずはやってみよう、任せてみようという柔軟な企業風土が当社には根付いていました。実際に「日本よりも進んでいる海外のICTサービスを見てみたい」と口にすると、入社早々に海外出張へも行かせてくれました。

現地のICTサービス企業や導入実績を見てまわり、帰国後はそこで得た情報や知見を社内へと発信。自分の目で見て実際に感じたものをもとに、新たな施策につなげていくのはとてもやりがいを感じます。

img

人とのふれあいを感じる、
あたたかい街づくりを。

私が今、携わっている「東京駅前常盤橋プロジェクト」は東京駅前の3.1haという広大な土地に、高さ390mのタワーや7000㎡の広場を有する新たなシンボルを誕生させるもの。オフィスワーカーや、国内外から観光客が集まる東京でも希少な環境を、より人の動きが生まれる場所へと変えていくプロジェクトです。

そこで働く人、集う人の利便性を考えた時に、ICTの知識やロボットの実証実験結果を活かし、どの施設にどんな技術を何のために導入するのかを検討していくのが今の私の大きな仕事です。

一方で、人と人との新たな会話や出会いが生まれるような、居心地の良い空間づくりもこのプロジェクトには欠かせません。新しい働き方が実践できるオフィスやワーカー専用ラウンジを設置したり、働く人やファミリーも気軽に足を運べる施設や飲食店などを誘致するなど、さまざまな角度から“常盤橋”の在り方を考え、笑顔あふれるあたたかい空間にしていきたいと思っています。

img