Special
Interview

Interview

1

PROFILE

室星 吉郎

都市開発一部
主事

2014年入社

プロジェクトのご紹介

前職は、マンション・オフィスの開発、不動産ファンド事業などを手掛ける金融系企業。当初、私は不動産開発を担当しておりましたが、リーマンショックの影響もあり、不動産事業は少し縮小することに。それがきっかけで、「金融会社で手掛ける不動産には限界があるのではないか」と感じるようになりました。その後、不動産ファンド部門に異動し、不動産を購入し、リノベーションして、売買するというような業務を行っていました。しかし、「投資材料としての不動産」ではなく、不動産開発の段階から深く携わりたいという思いが次第に強くなり、転職を決意しました。なかでも、三菱地所を志望した理由は、前職で三菱地所の社員の方と業務を通して接する機会があり、「まちづくり」に対する信念に感化されたからです。テナント構成も非常に興味深く、仕事を楽しむ空気感が強く伝わってきたのを覚えています。

img

意見交換が活発で、
好奇心あふれる社風が
魅力のひとつ。

選考が進む中で感じたのは、フランクな社風であるということ。面接の際には、面接官の方と、かなり話が弾んだことを覚えています。共通の話題も多数あり、私がよく利用していた飲食店について「あの店美味しいんですよ」とお話をすると、「やっぱり? 実は私がテナント誘致したお店なんですよ!」と面接官の方がおっしゃっていたことが一番印象的でした。そのため、緊張することなく、リラックスした状態で面接を受けることができましたね。

また、中途社員も少なくはなく、「外部から来た人の意見を聞いてみたい」という社員の好奇心も非常に感じました。私自身、現在「都市開発一部」で複合ビルの開発に携わっていますが、開発チームだけでなく、営業部や運営管理部など様々なポジションの意見を取り入れた上で、企画を進めています。「様々な意見を聞きたい」という好奇心は三菱地所の社風なんだなと思いましたね。

今、開発に携わっているのは、ホテルとオフィスフロアが複合した大型商業ビルです。周囲の意見を取りまとめながら、街の価値を高めるために新しいモノをつくるということは、やはり開発の醍醐味だと実感しています。

新しいオフィス空間
づくりを見据え、
挑戦を重ねています。

これまで当社が開発したオフィスビルには、金融業界のお客様に多く入っていただいています。ただ、今後はIT・メディア系のお客様などにも入っていただきやすいようなオフィスづくりを提案していかなければと考えている次第です。

また、働き方に対する意識が変わりつつある昨今、いかに働きやすいオフィスづくりを進めるかというのも重要な課題となっています。2017年の三菱地所本社移転の際には、ちょっとした社内イベントができるスペースの設置、フリーアドレスの採用なども検討し、本社自ら未来のオフィス空間を見据えた設計に挑戦しています。

当社の良いところは社歴に関係なく、様々なプロジェクトにアサインさせてくれるところ。本社移転プロジェクトには私も参加させていただき、貴重な体験をさせていただきました。このような様々なプロジェクトを経験し、開発のノウハウを蓄えたのちは、アジアなど海外の現地法人にて、三菱地所だからこそできる付加価値のあるまちづくりにも挑戦したいと思っています。

img