ニュースリリース
三菱地所株式会社 平成14年3月1日

各位

三菱地所株式会社


銀座地区初の超高層マンション
「銀座タワー」全180戸完売
販売センター「銀座タワーギャラリー」へは延べ7,000組が来場


三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、社長:高木茂)は、東京都中央区銀座において建設中の超高層マンション「銀座タワー」(総戸数180戸)の最終期分譲15戸の登録受付を平成14年2月16日(土)~2月24日(日)に行ったところ、即日完売し、第1期と併せまして全180戸を完売致しましたのでお知らせします。
1.銀座タワー販売結果概要
●販売方法 全戸登録抽選方式
●販売戸数 180戸
●販売スケジュール 平成13年10月27日 銀座タワーギャラリーオープン
平成14年1月28日 第1期(165戸)即日完売
平成14年2月25日 最終期(15戸)即日完売
●販売価格 2,880万円(STUDIO+S1戸)~33,360万円(3LDK+S、1戸)
●最多価格帯 3,000万円台(43戸)[1,000万円単位]
●総来場組数 約7,000組
●登録総数 1,504件
●倍率 第1期:平均 7.53倍、最高39倍
最終期:平均17.40倍、最高51倍
全 体:平均 8.35倍 最高51倍
●人気価格帯 4,000万円台、6,000万円台、9,000万円台
●登録者特性
年 齢: 40代(26.2%)、50代(25.9%)、
30代(24.1%)、60代~(15.7%)
20代(8.1%)
家族数: 2人(42.8%)、1人(25.3%)、3人(17.7%)
居住地: 東京都(61.5%:港区7.4%、中央区6.0%、世田谷区5.6%、渋谷区4.1%)、神奈川県(12.8%)、千葉県(10.8%)、埼玉県(5.2%)
※その他地方圏からの登録が8.7%
年 収: 500万円~1,000万円(45.2%)、2,000万円~(18.1%)
1,500万円~2,000万円(12.5%)、1,000万円~1,500万円(12.4%)
職 業: 会社員(44.7%)、会社役員(20.5%)、経営者(7.0%)、医者(6.1%)
●登録者の特徴
定期借地権方式のマンションであるため、年齢層が高いと想定されたが、30代以下の若い層が全体の3割超を占めるなど、幅広い年齢層に支持された。
銀座という知名度の高い立地条件により、北海道から九州まで地方圏からの登録が
10%弱を占め、全国区の人気を得ることができた。
登録者の約半数が会社員、同じく約半数が年収500~1000万円であり、定期借地権のメリットであるリーズナブルな価格が訴求したものと思われる。
   
2.完売の要因
ワンルームタイプを除き、これまでほとんどマンション供給がなかった銀座地区で、初の大規模マンションの供給であり、希少性・話題性が高いこと。
銀座地区で初の超高層マンションであり、高いランドマーク性を持つことに加えて、上層階からは東京タワー、レインボーブリッジが眺められるなど眺望に優れていること。
 
【価格設定】
銀座に立地・超高層タワー・ゆとりある広さという贅沢な条件を満たしながらも、定期借地権を採用することにより、70m2台で4,000万円台前半から、80m2台で4,000万円台後半からと通常の所有権付きマンションと比較し3割程度安い価格設定としたこと。
 
【間取り・プラン】
中心面積帯が80~120m2、80m2以上の住戸が全戸数の55%を占め、ゆとりある広さを実現したこと。
54m2台から188m2台と幅広い面積帯に35タイプの住戸プランを用意し、多様な顧客ニーズに応えたこと。
 
 
以上
 
銀座タワー 全体概要はこちら

 
物件に関するお問い合せ:銀座タワーギャラリー
TEL:0120-662-177 http://www.ginza-tower.com/