RECRUITING SITE

育成と環境

職場環境と
制度について

三菱地所では、活力ある職場づくり、多様性を尊重し合う職場づくり、働きやすい職場づくりなど、さまざまな角度から、社員がいきいきと活躍できる職場づくりに取り組んでいます。

ワークライフバランス
への取り組み

ワークライフバランスのための諸制度について

社員一人ひとりがいきいきと働き活躍するためには、個性や価値観を尊重し、仕事と暮らしのバランスが取れていることが大切です。三菱地所では、多様な働き方を選択できるようにさまざまな制度を設けています。

フレックスタイム制度
コアタイム(制度適用者が出勤義務のある時間帯)は10時~15時とし、 フレキシブルタイム(制度適用者がその選択により労働することができる時間帯)は 始業時間帯6時~10時、終業時間帯15時~20時とするもの
育児休業制度
子が3歳になる年度末まで利用可能
(育児休業期間開始日より14日間有給)
介護休業制度
最長3年間利用可能
子の看護休暇制度
子が小学校3年生になった後の3月末まで利用可能
子が小学校就学まで有給の特別休暇として利用可能
家族の介護休暇制度
有給の特別休暇として利用可能
育児のための
短時間勤務制度
子が小学校3年生になった後の3月末まで利用可能
最大2.5時間・15分単位で短縮可能
介護のための
短時間勤務制度
対象家族一人当たり93日まで利用可能
最大2.5時間・15分単位で短縮可能
児者・介護者を対象とする短時間勤務併用 フレックスタイム制度
子が小学校3年生になった後の3月末まで利用可能
(所定勤務時間に対し、最大1時間、15分単位で短縮可能)
リフレッシュ休暇
勤続5年以降5年毎に特別有給休暇を付与
勤続25年時には旅行費用を会社が負担(上限あり)
積立休暇制度
失効した有給休暇を、90日を上限に積み立てることが可能 本人または家族の傷病、配偶者の出産、ボランティア参加、 子の看護、家族の介護等の場合に利用することが可能
再雇用制度
配偶者の転勤による退職の場合、退職後5年以内に利用可能

個人のライフスタイルに合わせた働き方の支援

三菱地所では、育児について契約託児所での一時預かりやベビーシッターの費用の補助、社員の保活(保護者が子を保育所に入れるために行う活動)を支援する専門窓口の設置など、子育てを支援する取り組みを行っています。
仕事と子育てを両立できるよう次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、育児関連制度については「出産・育児ガイドブック」としてまとめ、社内ネットに掲示しています。同様に介護に関する情報も「介護ガイドブック」として提供しています。
また、2013年からは配偶者の転勤などを理由に退職した社員で、一定の条件を満たす場合には再雇用の申し込みが可能となる制度を創設しています。三菱地所では、2017年度の育児休暇取得後の復職率は100% 、復職1年後の定着率も100%となっています。

女性の活躍について

三菱地所では、女性の採用者数・勤続年数の増加にともなって、女性の管理職候補者層は増加しており、女性管理職比率も上昇しています。男性・女性ともに社員が働きやすい環境を整えることは、女性管理職比率の上昇にもつながると考え、女性活躍も含めたダイバーシティの推進に取り組んでいます。

活力のある
職場づくりに向けて

新規事業提案制度

社員の持つアイデアから新事業の創出を行うことを目的に、「新事業提案制度」を運用しています。これまでに90件超の応募があり、中古マンションの買取・再販事業等の新事業や新しい取り組みが実現しています。2017年度からは、新事業に関心を持つ社員を対象に、外部講師を招いた「新規事業開発セミナー」を開催するなど、主体的に事業創出を行いたい社員を積極的にサポートする仕組みの強化を図っています。

「新たなコミュニケーションスペース SPARKLE(スパークル)」

大手町パークビルに移転した新本社には、「社員食堂」としての役割のみではなく、社内外の様々な人々が集い、1日中活用可能な新しいワークプレイスとしてのカフェテリアを新設しました。社員ばかりではなく社外の方や家族、グループ会社の方たちも利用できるオープンなスペースで、“食”を通じてコミュニケーションや創造が生まれる場づくりを目指しています。

独身寮・社宅

三菱地所およびグループの若手社員が自主性を重んじながら集い、ともに成長し合える場として独身寮を整備しています。その他、転勤者の負担を軽減するための転勤者用の社宅制度などの住宅制度を整備しています。

  • 人財育成への想い

    人財育成への想い

  • 人財育成への取り組み

    人財育成への取り組み

  • 職場環境と制度について

    職場環境と制度について