ニュースリリース
三菱地所株式会社
2005年3月23日

各位
 三菱地所株式会社
東京急行電鉄株式会社
三菱倉庫株式会社


世界的な音楽家「坂本龍一」氏が事業参画している
「M.M.TOWERS FORSIS(エムエムタワーズフォレシス)」


次世代型セキュリティシステムを導入
~先進のICタグ(ミューチップ)をマンションで初めて採用~

三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、社長:高木茂)、東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:上條清文)、三菱倉庫株式会社(本社:東京都中央区、社長:番尚志)は、みなとみらい21地区において共同で開発中の「M.M.TOWERS FORSIS(フォレシス)」で、次世代型セキュリティシステムを採用することとなりました。

1. エントランス

本プロジェクトでは、エントランスの入口・出口を別々に設け、それぞれ一方通行とすることでマンションの入館を限定します。さらに入口および出口には24時間有人の防災センターを併設しており、常時人が可視できる仕組みとすることで不審者の侵入防止を図ります。

2. フラッパーゲート

居住者は、先進のICタグ「ミューチップ」((株)日立製作所製)を組み込んだ専用のセキュリティカードを所持します。
エントランス(入口部分)には駅改札口にある自動改札機と同様の形態のフラッパーゲートとオートドアを設け、カードと連動しているため、カード所有者のみ通行が可能となっています。
これは従来のマンションにおいて課題であった、不審者の共連れ(居住者の入館にあわせ不審者が同時に建物内に侵入すること)を防ぐことを目的としており、エントランス部分にある防災センターから常時人が可視できることと合わせ不審者の侵入防止を図っています。
また、セキュリティとともに居住者の利便性と来訪者(ゲスト)への対応も十分考慮します。居住者については、同時に複数人通行する場合(家族連れ等)を想定し、フラッパーゲートにテンキーを設け、通行人数を入力することで複数人の同時通行を可能とします。
来訪者は、エントランスに設置されている集合玄関機(カメラ付)から訪問先を呼び出し、居住者が住戸内の住宅情報盤で訪問者を確認します。そして住宅情報盤にある解錠ボタンを押すことで来訪者の入館が認証され、エントランス部分に設置されているカード発券機から発券されるカードにより入館が可能となります。
この来訪者向けのカードには不正使用を防ぐため、通過できるセキュリティチェックポイントおよび使用期限等の制限がなされます。

 



 
  次項へ→



  BACK