ニュースリリース
三菱地所株式会社 2005年1月18日

各位

三菱地所株式会社



国内最大級の大規模再開発地区「汐留シオサイト」の南の
玄関口「I-2街区」において「汐留シオサイト」地区、
最後の大規模プロジェクトが始動


三菱地所は、東急不動産と共同で都心最後の大規模再開発地区「汐留シオサイト(開発面積:約31ha)」のI-2街区の業務系複合ゾーンにおいて、当地区での最後の大規模プロジェクトとなる「(仮称)汐留I-2街区計画」を推進してまいりましたが、この度、開発計画の概要を決定いたしましたのでお知らせいたします。
今後、関係各所との協議を踏まえた上で、本年夏頃に着工、平成20年春頃の竣工を目指してまいります。

本計画地であるI-2街区は、「汐留シオサイト」の最南端に位置し、JR・東京モノレール「浜松町」駅(徒歩2分)に近接、駅前の交通広場と連携した「汐留シオサイト」の南の玄関口として業務・商業機能等を整備していく上で高いポテンシャルを持っています。また、新交通ゆりかもめ「汐留」駅や都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門」駅も徒歩圏に位置する至便の立地にあります。

本計画地の取得並びに開発は、開発資金をノンリコースローンとエクイティ出資(両社・三井物産・平和不動産)により調達する開発型証券化手法を活用するとともに、プロジェクトマネジメント業務を両社共同で受託し、事業を推進してまいります。

本計画については、当地区のポテンシャルを最大限に活かした業務系を中心とした複合ビル開発としていく考えですが、国内最大級の都市再生プロジェクトである「汐留シオサイト」の南玄関に相応しいプロジェクトとして、優良な都市ストックの開発・形成を実践して参りたいと考えています。

なお、開発計画の概要は以下の通りです。

【開発計画構想】
○場 所 港区海岸一丁目
○敷地面積 12,046m2
○建築面積 約5,800m2
○延床面積 約118,700m2
○建築規模 鉄骨造 地上24階 地下2階
○用 途 事務所・店舗・駐車場
○着 工 平成17年夏頃予定
○竣 工 平成20年春頃予定
○設計監理 株式会社三菱地所設計・株式会社日建設計
   
※ 上記内容につきましては、現時点の構想案であり、今後、関係各所との協議を経て、詳細検討した上で正式に決定してまいります。




以上

  BACK