ニュースリリース
三菱地所株式会社
2004年4月19日

各位
三菱地所株式会社
株式会社四季リゾーツ


企業保養所有効活用事業会社「(株)四季リゾーツ」
8施設目の「アルブール伊豆」を5月1日に開業



三菱地所株式会社の社内ベンチャー制度により設立された企業保養所有効活用事業会社「株式会社四季リゾーツ」は、2001年5月の開業以来、宿泊施設「四季倶楽部」を展開し、現在7施設体制で運営していますが、この度8施設目となる「アルブール伊豆」を5月1日に開業することとなりましたので、お知らせいたします。

四季リゾーツは、高品質で比較的新しい企業の保養所を経営受託し、企業保養所兼一般利用者向けの泊食分離型ホテル「四季倶楽部」シリーズとして展開しています。「365日いつでも、一泊朝食付きで5,000円」という低料金であるにもかかわらず、施設グレードが高いこともあって、利用される方から高い評価を頂いています。

また、ビジネスモデルについての認知度が高まってきたことで、福利厚生制度の再構築を目的とした企業・健康保険組合等からの保養所委託の依頼が急増しています。

四季リゾーツでは、軽井沢・蓼科・伊豆・湘南地区においても、さらに受託施設を増やしていく予定です。


 
新規受注施設概要
  名称: 四季倶楽部「アルブール伊豆」
  所在: 静岡県伊東市池字上野895
  規模:

敷地面積8,795m2、延床面積1,392m2
客室9(洋室2、和室6、和洋室1)、サウナ付温泉浴場(男女各1)
カラオケルーム1、マージャンルーム1、多目的ルーム1

  特徴:

「大樹」をイメージしたレストランは、長野オリンピックのメイン会場「Mウェーブ」にも取り入れられた設計・工法を採用、細部にわたりデザイン性が極めて高くなっています。また、施設内各所から駿河湾を一望できます。


 
「株式会社 四季リゾーツ」概要
  設立年月日:2001年2月14日
  資本:85百万円
  本店所在地:東京都千代田区大手町1-6-1
  取締役社長:山中 直樹(社内ベンチャー事業提案者)

 
「(株)四季リゾーツ」のビジネスモデル概要
  保養所所有者の経費を大幅に削減
   

これまで、保養所のリストラとして行われてきた取り組みは、施設の運営管理のアウトソース、あるいは保養所そのものの縮小・閉鎖が殆どでした。しかし、運営管理のアウトソースの場合、保養所設備の修繕費や水道光熱費を始めとする運営コスト等のランニングコストは全て所有者負担のままであり、大幅な経費削減効果は見込めませんでした。
「(株)四季リゾーツ」では施設の経営全般を受託した上で、修繕費を始めとするランニングコストを負担することにより、所有者は経費を大幅に削減することが可能となります。
このスキームをベースとした試算では、箱根・軽井沢等の首都圏主要リゾート地にある平成元年以降に竣工した比較的新しい平均的規模の保養所であれば、所有者の資金支出は殆ど「ゼロ」にすることが可能です。


  保養所を一般旅行者向けに営業しつつ福利厚生機能も確保
   

「(株)四季リゾーツ」は、保養所を所有する企業等から施設の経営を受託し、一般の旅行者に対しても一部開放するとともに、保養所オーナーの構成員には施設部屋数の一定割合(繁忙期7割・閑散期5割)の利用優先権を与えることで、福利厚生機能も確保しています。


 
四季倶楽部シリーズの開業年月
  四季倶楽部「フォレスト箱根」 2001年5月
  四季倶楽部「箱根 旬香」 2001年5月
  四季倶楽部「テルマーレ湯河原」 2002年10月
  四季倶楽部「強羅 彩香」 2003年4月
  四季倶楽部「ヴィラ箱根80」 2003年4月
  四季倶楽部「アイソネット草津」 2003年4月
  四季倶楽部「強羅スタイル」 2004年2月
  四季倶楽部「アルブール伊豆」 2004年5月

 
四季倶楽部シリーズの利用者数(平成15年1月~12月)
  箱根 5施設 42,000人
  湯河原・伊豆 2施設 12,000人
  草津 1施設  3,000人

 






以上

  BACK