ニュースリリース
三菱地所株式会社
平成16年3月30日

各位
三菱地所株式会社


丸の内再構築が 「拡がり」「深まる」/「第2ステージ」へ
「三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画」の
着手決定




三菱地所は、1998年 丸の内再構築に取り組んでいくことを表明、以降10年間を「第1ステージ」と位置付けました。街ブランド戦略に基づき、それまでのビジネスに特化した街から、開かれた多様性のある街へと転換を図るべく、東京駅前周辺を重点的に機能更新しながら、丸ビルをはじめビル6棟の建替を推進しております。

この度、2008年から始まる10年間「第2ステージ」の展開方針と、最初の建替ビルが決定しましたのでお知らせ致します。「第2ステージ」では、「第1ステージ」から取り組んできた丸の内再構築の更なる「拡がり」と「深まり」を目指し、約111ヘクタールに及ぶ「大手町・丸の内・有楽町地区」全域にその効果を波及させます。


1.丸の内再構築「第2ステージ」の展開方針

 

(1)

「建替・機能更新スピードの持続」

 

10年間に4,500億円を投資し、「第1ステージ」のビル建替・機能更新スピードを持続します。(7~8棟の建替、既存ビルのリニューアルならびにインフラ整備を想定しております。)

 

(2)

「機能更新エリアの拡大」

 

「第1ステージ」において重点開発した東京駅前周辺の活気と賑わいを、「大手町・丸の内・有楽町地区」全域に拡げます。

 

(3)

「ビジネス機能の深化」

 

ビル31棟を面で保有する優位性を活用し、「ITインフラ」「セキュリティー」の高度化など、グローバルに活動する企業ニーズを捉えたビジネス機能を深化。 世界有数のビジネスセンターとしての地位を、更に確固たるものに高めます。

 

(4)

「機能の多様性の拡大」

 

街機能の多様性を更に拡げ、「文化」「居住」機能の整備に着手します。 国際都市丸の内ならではの多様な機能を強化することにより、「都市観光」という観点からの魅力も高めます。

 

(5)

「インタラクションの深化」

 

「世界で最もインタラクションが活発な街」とするため、3つのコンセプト「オープン」「ネットワーク」「インタラクティブ」に基づくまちづくりを継続。 次代をリードする新たな産業の集積を進めるなど、今後も様々な交流を深化します。

 

(6)

「エリアマネジメントの深化」

 

「大手町・丸の内・有楽町地区」全体が一つの地域社会として成熟していくために、エリアマネジメントを更に深化させていきます。「環境共生の推進」、「ホスピタリティーの充実」などを通じ、持続成長する「サステナブル・コミュニティーの創造」に注力します。

 
 

2.三菱商事ビル・古河ビル・丸ノ内八重洲ビル建替計画

 

「丸の内」と「有楽町」の結節点に位置する本計画地において、3棟を一挙に建て替え、大型街区として整備します。地域インフラ施設の機能更新にも寄与する計画とし、街の「拡がり」と「深まり」を目指す「第2ステージ」のスタートに相応しいプロジェクトとして推進します。

 

これら3棟は、現在のオフィスニーズに対して充分に応えられなくなっていましたが、建替によって、快適で高規格なオフィス環境の提供を可能にするとともに、ビジネスワーカーを支援する多様な機能の導入も図ります。

 

「第1ステージ」で進めてきた「丸の内仲通り」への商業店舗誘致を更に進め、「東京駅」と「有楽町駅」の連続性と歩行者回遊を強化します。

 

従前本計画地に存在した、丸の内最初のオフィスビル「三菱一号館」を復元します。 日本に初めて誕生した近代オフィス街「丸の内」は、単にビジネスだけではなく、文化も充実した街づくりを描いていました。その草創期の思想を改めて認識し、復元する建物を「丸の内らしさの源泉」として活用します。 具体的には、歴史・芸術などの「文化」「情報発信」や、「都市観光」「エリアマネジメント」に寄与する「ホスピタリティー」の拠点とすることを検討しています。

 

次世代を象徴するオフィス棟と、赤煉瓦の「三菱一号館」の間に、潤いと求心力を生み出す広場を配置し、魅力ある街角を形成します。

 

2006年度の着工、2009年度の竣工を目標とし、今後、関係各位のご協力を得ながら計画を進めてまいります。

 
   



■新ビルの概要

 

敷地面積:

約1.2ha

構造規模:

未定

延床面積:

約20ha(想定)

着  工:

2006年度(予定)

竣  工:

2009年度(予定)

 

■三菱一号館の概要

 

竣 工 年:

1894年(明治27年)

構  造:

煉瓦造 地下1階・地上3階

床 面 積:

約5,000m2

用  途:

貸事務所(入居テナント: 三菱合資会社本社・同銀行部 他)

設 計 者:

ジョサイア・コンドル(1852~1920)
イギリス人建築家。ロンドン大学卒業後、ロンドンで設計に従事した後、1877年(明治10年)日本政府に招聘され来日。上野博物館、鹿鳴館、有栖川宮邸洋館、ニコライ堂などを設計。工部大学校(帝国大学)にて日本で初めて本格的な西欧式建築教育に携わる傍ら、自らの設計事務所を開設。三菱社の建築顧問も務め、三菱一号館のほか岩崎家邸宅を多数手がける。東京帝国大学名誉教授、日本建築学会名誉会長を務め、日本にて没。

建物特色:

イギリスのビクトリア時代を代表するクイーンアン様式を取り入れた正統的な立面が特徴で、急勾配のスレート葺き屋根、棟飾りと相俟って、コンドルならではの、明治時代を代表する西洋風建築と評された。
また、日本最初のオフィス街「丸の内」における最初の貸事務所であり、一つの入口を縦割りで一単位とする形式、いわゆる棟割長屋方式であった。

 

■建替ビルの概要

 

〔三菱商事ビル〕

所 在 地:

東京都千代田区丸の内二丁目6番3号

敷地面積:

3,968m2

構造規模:

鉄骨鉄筋コンクリート造 地下4階・地上15階建

延床面積:

55,274m2

竣  工:

1971年1月


〔古河ビル〕

所 在 地:

東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

敷地面積:

4,599m2

構造規模:

鉄骨鉄筋コンクリート造  地下4階・地上9階建

延床面積:

51,637m2

竣  工:

1965年4月


〔丸ノ内八重洲ビル〕

所 在 地:

東京都千代田区丸の内二丁目6番2号

敷地面積:

3,095m2

構造規模:

鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階・地上8階建

延床面積:

18,379m2

竣  工:

1928年3月

   



以上

  BACK