ニュースリリース
三菱地所株式会社
平成16年2月5日

各位
三菱地所株式会社
東急不動産株式会社


(仮称)九段北プロジェクト/工事着工のお知らせ



三菱地所と東急不動産は、開発型証券化手法を用いた(仮称)九段北プロジェクトのプロジェクトマネジメント業務を共同で受託し、事業を推進してまいりましたが、今般、建設工事に着手いたしますのでお知らせします。

本計画地は、平成14年7月に整理回収機構(RCC)が不良債権担保不動産として処分した旧あおぞら銀行本店土地建物を信託受益権化(信託受託者:三菱信託銀行)し、三菱地所、東急不動産、ドイツ銀行グループ会社をエクイティ投資家とするSPCが取得したものです。 取得後は、既存建物の解体工事を進めると共に、関係者間において協議を進めていましたが、昨年12月、オフィス、店舗、賃貸住宅からなる複合ビル計画にて東京都の許可を取得し、この度着工する運びとなりました。なお、新築計画については、市街地住宅総合設計制度を利用して容積割増を受け、オフィスとあわせて良好な都心居住型住宅を供給する計画です。また、建設資金の調達にはノンリコースローンを導入し、省資金・リスク限定のスキームとする計画です。

本プロジェクトは、九段下交差点に位置し、地下鉄3線が乗り入れる九段下駅に隣接する交通利便性を有しています。また、牛ヶ淵のお濠や北の丸公園に至近という環境に恵まれた立地でもあることから、オフィス・住宅ともに高いマーケット競争力を持ち、都心に相応しいランドマーク性を備えたプロジェクトになると考えております。




【計画概要】

 

建設場所:

東京都千代田区九段北一丁目12番2号

敷地面積:

約5,820m2

延床面積:

約58,900m2

用 途:

事務所(一部店舗)、住宅(122戸)、駐車場(148台)

容積対象面積:

約49,700m2(事務所 約34,500m2、住宅 約15,200m2

建物構造:

鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造) 地上26階 地下2階

施工会社:

鹿島建設株式会社

設計監理:

株式会社三菱地所設計

工事期間:

2004年2月~2006年2月末(25ヶ月)の予定



以上 

BACK