ニュースリリース
三菱地所株式会社
平成15年10月22日

各位
株式会社慶應学術事業会
三菱地所株式会社


「丸の内シティキャンパス(MCC)」
定例講演会を全国へライブ配信


学校法人慶應義塾が三菱地所株式会社と連携協力して設立した社会人教育機関「丸の内シティキャンパス(MCC)」(運営:株式会社慶應学術事業会)では、東京・丸の内で開催している定例講演会シリーズ『夕学(せきがく)五十講』を広く全国の大学・財界・自治体等の社会人教育機関に遠隔配信していくサービスを開始します。

MCCでは、“継続的な学習”(Continuing Learning)をコア・コンセプトに、ビジネスに密接に関連したテーマを取り上げ、丸の内エリアをはじめとする首都圏の社会人を対象として、独自のプログラムを開発・展開しています。
『夕学五十講』とは、大学人をはじめ企業人・文化人・ジャーナリスト等、各分野の第一線で活躍する方々を講師に招聘した定例講演会シリーズで、現在、新丸ビル地下1階「新丸コンファレンススクエア」で開催しています。2003年度後期のシリーズにおいて、10月28日から5拠点に向けて遠隔配信をスタート、来年4月からは講演会場を丸ビル7階の「丸ビルホール」に移し全国に向けて本格的に配信する予定です。

このサービスは三菱地所関係会社の丸の内ダイレクトアクセス株式会社が丸の内地区内で提供する光ファイバーと、通信衛星<スーパーバード>(宇宙通信株式会社)を活用しておりますので、遠隔地でも高精度の画質と迫力ある音声で講演会を受講できます。

三菱地所では、「世界で最もインタラクションが活発な街」をテーマに丸の内エリアの街ブランド作りに取組んでおります。今回のサービスが始まることにより、知的刺激・交流が丸の内から全国に広がり、丸の内を中心にエリアを超えたインタラクションが生まれることを期待しています。

以上


【参考】
●『夕学五十講』2003年度後期 サテライト(衛星)配信について

1. 内容

 

2003年度後期は全25講演のうち15講演を配信。
来年4月以降も15講演から20講演の配信を計画。

2.
配信先

岡山商科大学、高知工科大学、山形県鶴岡市、名古屋商工会議所、広島商工会議所・広島大学(連携事業)。
現在、その他にも複数拠点と交渉しており来年4月以降さらに拡大、丸ビル会場より配信予定。

3.
時期

2003年10月28日(火)から2004年1月29日(木)までの15講演
※新丸ビル地下1階 の「新丸コンファレンスクエア 大会議室」で開催されている「夕学五十講」を全国に配信。
来年4月以降は丸ビル7階の「丸ビルホール」より配信。

4.
配信先との契約条件

受信に関わる負担
契約料:10万円/年
受信料:6万円/回
※ただし、配信する全ての講演会の受信を原則とする。
 この他、機材費・工事費等が必要。



※株式会社慶應学術事業会

 

所在地:東京都千代田区丸の内二丁目6番2号

 

代表者:斎藤 信男(慶應義塾常任理事)

  設 立:1965年6月
  資本金:10百万円

※丸の内ダイレクトアクセス株式会社

 

所在地:東京都千代田区大手町一丁目6番1号

 

代表者:小田川 和男

  設 立:2000年6月
  資本金:490百万円(三菱地所(株)51%、丸紅(株)49%)

※宇宙通信株式会社
  所在地:東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲11F
  代表者:安念 彌行
  設 立:1985年3月
  資本金:200億円(三菱商事(株)等三菱グループ26社)


以上