業績ハイライト

業績ハイライト

営業収益

グラフ:営業収益

営業利益

グラフ:営業利益

経常利益

グラフ:経常利益

親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益

グラフ:親会社株主に帰属する当期純利益

    • ページの先頭へ


主な財務データ(連結)

(単位:百万円)

  2016/3 2017/3 2018/3-2Q 2018/3※1 2019/3-2Q 2019/3
(予想)
営業収益 1,009,408 1,125,405 485,838 1,194,049 577,289 1,290,000
営業利益 166,199 192,495 84,278 213,047 106,891 215,000
経常利益 144,851 169,851 73,961 190,506 94,007 191,000
親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益 83,426 102,681 41,729 120,443 61,812 123,000
総資産 5,311,840 5,484,115 5,688,708 5,801,450 5,849,500 6,060,000
自己資本 1,509,680 1,592,777 1,628,633 1,698,348 1,741,797 1,770,000
有利子負債 2,291,038 2,396,994 2,474,831 2,481,675 2,482,276 2,640,000
営業活動によるキャッシュ・フロー 135,821 168,527 50,717 293,338 134,385 236,000
投資活動によるキャッシュ・フロー △ 231,003 △ 327,292 △ 107,155 △ 286,841 △ 147,584 △ 362,000
財務活動によるキャッシュ・フロー 309,237 △ 4,921 53,386 37,203 △ 25,687 105,000
EBITDA 252,034 279,718 128,586 302,424 151,179 303,000
総資産営業利益率(ROA) 3.3% 3.6% -% 3.8% -% 3.6%
自己資本利益率(ROE) 5.6% 6.6% -% 7.3% -% 7.1%
1株当たり当期(四半期)純利益(EPS) 60.13円 74.00円 30.07円 86.78円 44.53円 88.61円
ネット有利子負債
/EBITDA倍率
ハイブリッド考慮前 7.5倍 7.7倍 -倍 7.3倍 -倍 7.9倍
ハイブリッド考慮後※2 7.0倍 7.1倍 -倍 6.7倍 -倍 7.3倍

※1 2019年3月期第1四半期より、2018年2月16日公表の税効果会計基準の改正(企業会計基準第28号)を適用しており、2018年3月末時点の総資産も本改正適用後の数値に修正しています。

※2 劣後債、劣後ローンの内、格付機関より資本性を認められた部分(調達額の50%相当)を控除して計算したもの。

*自己資本=純資産-新株予約権-非支配株主持分

*EBITDA=営業利益 + 受取利息・配当 + 持分法投資損益 + 減価償却費 + のれん償却費

*総資産営業利益率(ROA)=

営業利益

総資産(期首期末平均)

*自己資本利益率(ROE)=

親会社株主に帰属する当期純利益

自己資本(期首期末平均)

*1株当たり当期(四半期)純利益(EPS)=

親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益

期中平均株数

    • ページの先頭へ

セグメント別内訳(連結)

1.営業収益

2019/3-2Q(※1新セグメント)

グラフ:営業収益 2019/3-1Q

2019/3(予想)

グラフ:営業収益 2019/3(予想)


  2019/3-2Q 2019/3(予想)
※1 百万円  構成比 百万円 構成比
ビル事業 274,266 46.5% 545,000 41.4%
生活産業不動産事業 51,626 8.7% 113,000 8.6%
住宅事業 182,005 30.8% 440,000 33.4%
海外事業 27,778 4.7% 74,000 5.6%
投資マネジメント事業 11,090 1.9% 45,000 3.4%
ホテル・空港事業 18,074 3.1% 45,000 3.4%
設計監理事業 7,528 1.3% 21,000 1.6%
不動産サービス事業 15,014 2.5% 26,000 2.0%
その他の事業 2,782 0.5% 7,000 0.6%
セグメント間消去又は全社 △ 12,878   △ 26,000  
合計 577,289   1,290,000  

2.営業利益

  2019/3-2Q 2019/3(予想)
※1 百万円 百万円
ビル事業 76,778 148,000
生活産業不動産事業 14,694 31,000
住宅事業 13,442 23,000
海外事業 10,760 25,000
投資マネジメント事業 2,336 5,000
ホテル・空港事業 152 2,500
設計監理事業 △ 763 1,000
不動産サービス事業 679 1,500
その他の事業 △ 131 500
セグメント間消去又は全社 △ 11,057 △ 22,500
合計 106,891 215,000

3.営業利益率

  2019/3-2Q 2019/3(予想)
※1    
ビル事業 28.0% 27.2%
生活産業不動産事業 28.5% 27.4%
住宅事業 7.4% 5.2%
海外事業 38.7% 33.8%
投資マネジメント事業 21.1% 11.1%
ホテル・空港事業 0.8% 5.6%
設計監理事業 △ 10.1% 4.8%
不動産サービス事業 4.5% 5.8%
その他の事業 △ 4.7% 7.1%
セグメント間消去又は全社    
  18.5% 16.7%

※1  2018年4月より、下記の通りセグメント変更を行っております。
以下を統合し、ホテル・空港事業セグメントを設立。
 ・旧ホテル事業セグメント
 ・生活産業不動産事業セグメントのホテル開発事業
 ・新事業創造部(その他の事業)所管の空港運営事業、リゾートホテル開発事業

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。