子育てがしやすく、高齢者も生活しやすいまちづくり

保育所付ワーキングスペース「コトフィス~こどもとはたらくオフィス~」開業

待機児童問題が深刻化する中、育休延長や離職による人財不足・損失を防ぐため、企業にとって社員の子育て支援は喫緊の課題となっています。こうした社会情勢を受けて、三菱地所プロパティマネジメント(株)では、丸の内エリアのテナント企業および就業者に対する質の高い多角的なサービスを提供していくため、2018年4月、三菱地所グループとして初の試みとなる保育所付ワーキングスペース「コトフィス~こどもとはたらくオフィス~」を丸の内新国際ビルに開業しました。
コトフィスは、プロパティマネジメント会社としてテナントで働く皆さまの保育ニーズに耳を傾け、認可保育所並みの安心安全な設備を整えています。また、企業の事業所内保育施設などの運営で実績のある(株)ママスクエアとの協業によって安心安全な保育サービスを提供します。
今後は、三菱一号館美術館と連携するなど丸の内エリアの特色を活かした知育プログラムなど、独自の付加価値も提供していく予定です。さらに、丸の内エリアにとどまらず、当社グループが保有する全国各地の施設へ展開していきます。

写真:保育スペース

保育スペース

豊島区と「女性にやさしいまちづくり」に関する協定を締結

(株)サンシャインシティは、「女性にやさしいまちづくり」を地域と連携して推進していくために、豊島区と「FF(Female/Family Friendly)パートナーシップ協定(FF協定)」を締結しました。協定に基づき、①女性や働く世代の多様なライフスタイルやワークスタイル②子育てや次世代育成③健康増進や食育の推進④文化・芸術振興⑤ダイバーシティ(多様性社会)の実現⑥その他広く子育て世代や働く世代の支援という6つのテーマで連携・協働していきます。
サンシャインシティでは、これまでにも「サンシャイン女子道」と称した女性向け各種イベント・キャンペーンを企画していますが、今回の協定による取り組みとして、水族館や展望台で開催されるヨガレッスンに豊島区民が参加しやすいよう区民割引を実施しました。また、ハロウィンイベント「FUN!FUN!HALLOWEEN!」では、豊島区と一緒に「女性にやさしいまちづくり」を推進している団体「ツクモル」が作成した紙芝居「だるま先輩とくるばちゃんの防災かみしばい~ハロウィン編~」を実施しました。
サンシャインシティでは、この協定締結を機に、女性や子育て世代が住みやすく、働きやすいまちづくりをより一層推進していきます。

写真:水族館でのヨガレッスン

水族館でのヨガレッスン

写真:FFパートナーシップ協定

FFパートナーシップ協定

横浜市とのタイアップ企画「女性企業家プロモーションウィークス」

三菱地所リテールマネジメント(株)は、横浜市が2016年から進めている「日本一女性が働きやすい、働きがいのある都市」を目指した取り組みに賛同し、女性の起業をサポートする「輝く女性起業家プロモーションウィークス」を横浜市と共同で開催しています。
2017年度は2017年10月から2018年2月にわたって実施され、横浜市および横浜在住の女性起業家と打ち合わせを重ね、女性起業家が活躍している様子を地域に発信するとともに、女性起業家の方にさまざまな年代の市民と触れ合っていただく機会となる各種イベントを行いました。10月に「MARK IS みなとみらい」で開催されたオープニングイベントでは、女性書道家による書道パフォーマンスのほか、女性手芸家の手作りベビー雑貨や造花を展示するブースの出展、女性キャンドルアーティストのワークショップなどを実施し、5日間で7組の女性起業家の方々に参加いただきました。
女性起業家により良い活躍の場を提供したいという共通認識のもと、行政機関である横浜市と民間企業である三菱地所グループで行われたこのタイアップ企画は、女性が活躍できる社会を公民一体となって作り上げる意義を実感する貴重な機会となりました。

写真:「女性企業家プロモーションウィークス」オープニングイベント

「女性企業家プロモーションウィークス」オープニングイベント

働き方改革と健康経営のソリューションサービス「クルソグ」

丸の内エリア就業者のWell-Beingを支援する「クルソグ」は、「働き方改革と健康経営」の実現に取り組む総務・人事などの企業・団体の担当者、または働く個人一人ひとりを、「ICT × 街 × オフィス」でサポートするサービスです。
スタートから1年が経過し、2018年度からは特に「健康」にフォーカスし、エリアの就業者や来街者が楽しめる参加型のイベント企画や情報提供などさまざまなコンテンツとサービスづくりを進めています。

写真:クルソグ

クルソグ

働く女性のための「まるのうち保健室」

三菱地所(株)とWill Conscious Marunouchi実行委員会※は、働く女性の健康を支援する「Will Conscious Marunouchi」プロジェクトを展開しています。2014年からは、働く女性に特化した健康測定やカウンセリングを行う「まるのうち保健室」を開催し、参加した1,300名以上の健康実態データを分析。働く女性ならではの健康課題の解決に向け、長く健やかに美しく働きたいという願いを叶えるカラダをつくるための「新習慣メソッド」の確立に取り組んでいます。
2017年度は「行動習慣の継続実現」に着目し、取り組みやすい健康習慣とその継続につながる支援事項の仮説立案を行いました。具体的には、働く女性や企業の人事担当者の声を聞きながら身体状態や活動を記録するツールを開発し、参加者の行動記録を検証・分析しました。そのほかにも、さまざまな企業とのコラボレーションによるソリューションを提供しました。今後も女性が美しく健康に働ける明日をサポートするために、働く女性が妊娠、出産などのライフイベントを知り、未来を考えるきっかけづくりに努めていきます。

※ 三菱地所、三菱地所プロパティマネジメント、一般社団法人Luvtelli、聖路加国際病院附属クリニック 聖路加メディローカス、シティリビング、株式会社ABC Cooking Studio、株式会社タニタ、丸の内ヘルスケアラウンジで組成

ロゴ:Will Conscious Marunouchi

Will Conscious Marunouchi

ロゴ:まるのうち保健室

まるのうち保健室

ビジネス街の中心に快適な交流空間「都市の居間」を創出

日本を代表するビジネス街である「大手町・丸の内・有楽町地区」の中心には、南北を貫く全長1.2キロの「丸の内仲通り」があります。この地区では、1990年代以降、公民が連携し策定したガイドラインに沿って、まちづくりが進められてきました。三菱地所も(株)三菱地所設計などとともに丸の内仲通りの景観整備などを推進し、歩道の幅員を広げるなど街路や街並み全体が快適な交流空間となるようなデザインを実現しました。また、バリアフリー対策として建物出入口の段差解消や、歩道勾配の改善など、“人にやさしいまちづくり”を進めています。さらに、エリアマネジメントの活動により、丸の内仲通りでは快適なオープンカフェやさまざまなイベントが実施されています。
これらのハード整備とエリアマネジメントの活動が一体となった取り組みが評価され、2014年度グッドデザイン賞、2015年度都市景観大賞を受賞しました。また、第2回(2017年度)日本サービス大賞・内閣総理大臣賞も受賞し、その選考理由で丸の内の写真とともに、ハードとソフトの両面から街づくりを進め、土日も賑わう丸の内エリアを実現した点などを評価されています。

写真:丸の内仲通り

丸の内仲通り

画像:グッドデザイン賞

有料老人ホーム開発・シェアハウス開発を通じた社会課題解決への貢献

高齢人口の増加を背景に高齢者向け施設の需要が高まる一方、時代の変遷とともに役割を終えた古い社宅などの有効活用も課題となっています。こうした社会課題に対し、三菱地所レジデンス(株)では事業を通じて解決を図っていくため、2017年から有料老人ホーム開発事業とシェアハウス開発事業をスタートさせました。
有料老人ホームの第1号事業「杉並区永福4 丁目有料老人ホーム計画」は、鉄筋コンクリート造・地上5 階地下1 階建で、高齢者が安らげる48室の空間を提供します。2018年2月に着工、2019年2月の竣工と3月の開業(運営会社への施設賃貸開始)を予定しています。また、シェアハウス開発事業の第一弾として本年4月に「ザ・パークレックス永福町」を、本年6月に「ザ・パークレックス駒込」をオープン(運営会社への施設賃貸開始)しました。

写真:外観完成予想図

外観完成予想図

認知症サポーター養成出張出前講座でサポーター育成の取り組みを開始

社会全体の問題として認識されている少子高齢化は、マンションという一つのコミュニティの中でも深刻な問題として顕在化しています。三菱地所コミュニティ(株)では管理を受託する担当物件の管理員全員を対象に、認知症に関する研修を実施していますが、マンション居住者内の認知症の方々とのトラブルが年々増加し、今後管理員だけでは適時適切に対応できないケースが想定されます。同社では管理業務を受託する大阪市内の物件において、当該物件管理員の“マンションの高齢化問題を提起したい”との想いから、2018年1月にマンション居住者を対象に、同社内の認知症サポーターキャラバン(厚生労働省所管)登録社員を講師として派遣し、「認知症サポーター養成講座」を実施しました。本講座は居住者に対して認知症に関する基礎知識や認知症患者への対応方法を教示し、認知症に対する意識啓発をするとともに、大規模災害時の「自助共助」を促進する第一歩として本格的に開始しました。
本取り組みは当社グループのCSR重要テーマである“ひとづくり”をグループ社内だけでなく、町会等の地域社会と連携して社会問題解決に寄与する施策として、将来的に他地域展開を目指します。

写真:認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

誰もが心地良い施設づくりに向けたサービス介助基礎検定の開催

横浜市にある大型商業施設「MARK IS みなとみらい」には、高齢者や障がいを持つ方もたくさん来場されます。同施設を運営管理する三菱地所リテールマネジメントでは、「全てのお客様に“安心・安全を”、全てのお客様に“おもてなしの心を”」をコーポレート・スローガンとして掲げています。このスローガンのもと、誰もが心地良く過ごせる施設を目指すためには、高齢者や障がいを持つ方の気持ちを理解することが重要と考え、2017年10月、従業員、テナントスタッフ、協力会社スタッフを対象に、(公財)日本ケアフィット共育機構が主催する「サービス介助基礎検定」を開催しました。 「MARK IS みなとみらい」に日本ケアフィット共育機構の講師を招いて行われた検定では、車いす操作や視覚障がい体験などサービス介助の知識と実技を学びました。検定試験では受講者54名全員が合格し、認定証が授与されました。

写真:サービス介助基礎検定

サービス介助基礎検定

病院との一体開発によるマンション計画

兵庫県尼崎市の県立病院跡地に開発を進めている「ザ・パークハウス 塚口(2019年2月竣工予定)」は、医療法人社団兼誠会による「つかぐち病院」との“住医一体開発”によるプロジェクトです。マンションの分譲に前後して内科・外科・皮膚科など多くの診療科目が設けられる「つかぐち病院」がマンション隣接地にて開業し、マンション敷地内の集会室では「つかぐち病院」による居住者向けの健康セミナーなどを実施する予定です。
また、パーソナルトレーナーAI アプリ「FiNC」を開発した(株)FiNC と連携し、各住戸に多機能体組成計「FiNC Smart Scale」を配布。これを用いて計測した体重や体脂肪率はスマートフォン(利用者にてご用意)のアプリに自動転送され、アプリ内のAI トレーナーが的確な健康アドバイスを行います。さらに、各住戸に「肥満遺伝子検査キット」も配布し、自分の遺伝子タイプに合った生活習慣・食事メニューをAIアプリ「FiNC」を通じて専門家、栄養管理士がアドバイスするなど、手厚い健康サポートが受けられる新しい時代のマンションです。

画像:「ザ・パークハウス 塚口」外観完成予想CG

「ザ・パークハウス 塚口」外観完成予想CG

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。