特集:人々が安全・安心に住み・働き・憩うまちづくり

公民連携による災害時対応訓練の実施

三菱地所(株)では毎年9月、全役職員とグループ会社、関係者が参加する総合防災訓練を実施しています。これは、当社の前身の三菱合資会社地所部が1923年の関東大震災時に同年竣工の旧丸ビルを中心に救護活動を行ったことを契機として、1926年に始まったものです。
2016年も、90回目となる訓練を9月1日に実施。東日本大震災クラスの首都直下型地震が発生、当社グループが約30棟のビルを保有する丸の内地区で、非常災害体制の発令により全社員が災害対策要員となったケースを想定し、初動対応や安否確認、情報収集、資機材作動習熟訓練などを実施しました。
今年度は、負傷者・帰宅困難者対応の強化に軸足を置いて訓練内容を設定。千代田区医師会や聖路加メディローカスと連携した災害時医療連携訓練、三菱地所グループの技術力を結集した建物危険度判定訓練、大手町温泉開放による災害活動要員衛生環境向上訓練を実施しました。
当社は2012年に帰宅困難者収容施設に関する協定を千代田区と締結しており、保有ビル15棟が「被災者一時受入施設」に認定されています(2016年9月1日現在)。今回は、その対象ビルの一つである丸の内パークビルで、所轄消防署や地元消防団と共同での消防訓練も行いました。
また、2017年1月12日には、当社が事業展開する大阪市北区のグランフロント大阪でも、負傷者・帰宅困難者対応を中心とする災害対策訓練を行いました。
今後も丸の内地区を中心に、地域所轄の消防署や各ビルテナント企業と協力しながら、非常時にも十分な体制が構築できる安全・安心なまちづくりを進めていきます。

写真:聖路加メディローカスにおける医療活動訓練

聖路加メディローカスにおける医療活動訓練

写真:建物危険度判定訓練

建物危険度判定訓練

写真:災害活動要員衛生環境向上訓練

災害活動要員衛生環境向上訓練

写真:グランフロント大阪北館負傷者対応の様子

グランフロント大阪北館負傷者対応の様子

写真:丸の内パークビルでの消防訓練

丸の内パークビルでの消防訓練

災害時医療連携、防災隣組を通じた災害対策の深化

行政との帰宅困難者受入協定締結施設※1
津波避難ビル協定締結施設数※2

20ヶ所

※1 東京都内にて18施設。

※2 大阪市内にて2施設。

三菱地所(株)の災害対策要綱の策定および非常災害体制

災害や緊急事態が発生した際に、人命と関連施設を守り、適切かつ迅速な復旧施策を実行するため、1981年に独自の災害対策マニュアル「災害対策要綱」を策定し、平常時からの予防措置、任務分担、訓練計画、災害発生時の応急措置計画、復旧対策など、広範できめ細かな対策を定めています。大規模災害発生時または恐れがある場合に、「非常災害体制」を発令、災害対策本部が立ち上がり、全社員が災害対策要員として初動対応に続き、速やかにさまざまな対応を実施します。

画像:三菱地所の災害対策要綱の策定および非常災害体制

グランキューブ開発における高度防災都市づくりへの取り組み

2016年4月1日、東京・丸の内に、地上31階・地下4階の超高層ビル「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」が竣工しました。
このビルの特徴は、開発計画段階に起こった東日本大震災の教訓を生かした、高度防災機能の強化を重視した設計です。防潮板・水密扉の設置、備蓄倉庫や重要拠点の地上階への設置など万全の水害対策を整備。また、民間事業者では初となる都心浄化施設を設置し、災害時にインフラ供給が止まった場合も電力、水、換気がすべて自立して機能するシステムを備えるなど、高度防災都市づくりへの工夫を随所に凝らしました。また、東日本大震災の際に被災地で入浴需要が高まったことを教訓に、地下1,500メートルから温泉を掘削し、温浴施設をオープン。有事の際には、被災者支援従事者に開放する計画です。国際医療施設聖路加メディローカスとの連携など、有事の際の周辺連携システムも構築しました。
オープンから1年、一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会から「エリア防災ビル」として認証されるなど、エリア全体の防災性向上機能を担う存在となっています。

画像:グランキューブ外観

グランキューブ外観

画像:汚水の浄化施設

汚水の浄化施設

エリア全体で防災力を高める取り組み

三菱地所コミュニティ(株)と三菱地所レジデンス(株)は2017年3月5日、千葉県習志野市「奏の杜」において、分譲マンション「ザ・パークハウス 津田沼奏の杜」「ザ・パークハウス 津田沼奏の杜テラス」「ザ・レジデンス津田沼奏の杜」の合同防災訓練を行いました。これは、エリア全体の「共助」体制を構築することを目的に、計1,652戸の大規模なマンション防災訓練として実施したもの。3物件の管理組合と協働し、近隣の店舗や大学の協力のもと「産学協力」で、一般的な消防・避難訓練にとどまらない実践的な内容で行うことができました。参加者の方からは、「今回の訓練はマンションの垣根を越えてコミュニティ形成にもつながった」「3つのマンションの合同訓練を実施することで、防災意識が高くなった。自分たちのマンションの課題も見つかり、来年度以降につなげることができる」との声があがりました。今後も災害に対し「自ら備える」土壌づくりのための活動を行っていきます。

画像:当日の訓練の様子(避難訓練)

画像:当日の訓練の様子(避難訓練)

当日の訓練の様子(避難訓練)

「三菱一号館美術館」の運営

三菱地所(株)では、東京・丸の内で、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする展覧会を年3回開催している「三菱一号館美術館」を運営しています。重厚な赤煉瓦の建物は、1894(明治27)年、三菱が初めての洋風事務所建築として建設した「三菱一号館」を2009年に復元したもの。日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計によるもので、階段部の手すりの石材など、建設当時に用いられていた部材を一部建物内部に再利用しています。

写真:三菱一号館美術館外観

三菱一号館美術館外観

写真:一号館ロゴ

一号館ロゴ

写真:旧銀行営業室

旧銀行営業室

写真:カフェとなった旧銀行営業室

Cafe1894となった旧銀行営業室

三菱一号館美術館入館者数(年間)

213,017名(2016年度)

美術館展示室照明のLED化

三菱一号館美術館では、2016年6月に展示室照明の光源をハロゲン、CDM(セラミックメタルハライドランプ)からLEDランプに更新しました。これにより館内の電灯使用量を前年同期比で4割以上削減しています。

三菱一号館美術館で「思いやりウィーク」実施

三菱地所(株)が運営する「三菱一号館美術館」では、障害の有無にかかわらず快適に鑑賞いただける環境づくりをめざしています。2016年12月4日〜10日の「人権週間」には、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名を無料とする「思いやりウィーク」を設定。期間中、計334名(1日平均55.6名)の方が手帳を提示して鑑賞されました。これは通常の障害者割引利用の4.5倍ペースにあたります。
期間中は、グループ社員8名もボランティアで参加し、譲り合ってのご鑑賞を呼びかけるチラシの配布、車いすや杖を利用される方へのサポートなどを担当。美術館運営スタッフにとっても、バリアフリー設備やサービスの在り方を見直し、改善するきっかけとなりました。

写真:思いやりウィークリーフレット

思いやりウィークリーフレット

写真:来館者へのご協力の呼びかけ、ノベルティ配布の様子

来館者へのご協力の呼びかけ、ノベルティ配布の様子

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。