人々が安心して暮らせるまちづくり

三菱地所(株)の災害対策要綱の策定および非常災害体制

災害や緊急事態が発生した際に、人命と関連施設を守り、適切かつ迅速な復旧施策を実行するため、1981年に独自の災害対策マニュアル「災害対策要綱」を策定し、平常時からの予防措置、任務分担、訓練計画、災害発生時の応急措置計画、復旧対策など、広範できめ細かな対策を定めています。大規模災害発生時または恐れがある場合に、「非常災害体制」を発令、災害対策本部が立ち上がり、全社員が災害対策要員として初動対応に続き、速やかにさまざまな対応を実施します。

画像:三菱地所の災害対策要綱の策定および非常災害体制

公民連携による災害時対応訓練の実施

三菱地所では毎年9月、全役職員とグループ会社、関係者が参加する総合防災訓練を実施しています。これは、当社の前身の三菱合資会社地所部が1923年の関東大震災時に同年竣工の旧丸ビルを中心に救護活動を行ったことを契機として、1926年に始まったものです。
2017年も91回目となる訓練を8月31日に実施。東日本大震災クラスの首都直下型地震が発生、当社グループが約30棟のビルを保有する丸の内地区で、非常災害体制の発令により全社員が災害対策要員となったケースを想定し、初動対応や安否確認、情報収集、資機材作動習熟訓練などを実施しました。
今年度は、負傷者・帰宅困難者対応の強化に軸足を置いて訓練内容を設定。千代田区医師会や聖路加メディローカスと連携した災害時医療連携訓練、三菱地所グループの技術力を結集した建物危険度判定訓練、大手町温泉開放による災害活動要員衛生環境向上訓練を実施しました。
当社は2012年に帰宅困難者収容施設に関する協定を千代田区と締結しており、保有ビル15棟が「被災者一時受入施設」に認定されています(2017年9月1日現在)。今回は、その対象ビルの一つである丸の内パークビルで、所轄消防署や地元消防団と共同での消防訓練も行いました。
また、2017年1月12日には、当社が事業展開する大阪市北区のグランフロント大阪でも、負傷者・帰宅困難者対応を中心とする災害対策訓練を行いました。
今後も丸の内地区を中心に、地域所轄の消防署や各ビルテナント企業と協力しながら、非常時にも十分な体制が構築できる安全・安心なまちづくりを進めていきます。

写真:建物危険度判定訓練

建物危険度判定訓練

写真:聖路加メディローカスにおける医療活動訓練

聖路加メディローカスにおける医療活動訓練

写真:災害活動要員衛生環境向上訓練

災害活動要員衛生環境向上訓練

写真:グランフロント大阪北館負傷者対応の様子

グランフロント大阪北館負傷者対応の様子

写真:丸の内パークビルでの消防訓練

丸の内パークビルでの消防訓練

災害時医療連携、防災隣組を通じた災害対策の深化

行政との帰宅困難者受入協定締結施設※1
津波避難ビル協定締結施設数※2

20ヶ所

※1 東京都内にて18施設。

※2 大阪市内にて2施設。

多言語に対応した総合防災訓練の実施

東京・丸の内は、約28万人が働く日本有数のオフィス街であるとともに、年間200万人を超える訪日観光客が訪れる主要観光地です。そのため、万一の災害時には多言語での緊急対応が求められます。
三菱地所グループは、グループ社員約1,250名および関係先が参加する総合防災訓練を毎年実施していますが、91回目となる2017年9月の総合防災訓練において、初めて英語・中国語・韓国語による災害時初動対応・防災訓練を実施しました。
訓練は首都直下型地震が発生した想定で行われ、非常災害体制を発令するとともに、全社員が災害対策要員として初動対応、安否確認、情報収集などのシミュレーションや資機材の作動習熟訓練を行いました。災害時の安全情報を伝達する際には、訪日観光客の安全確保に向けて多言語コミュニケーションツールを用いた訓練も実施しました。
今後も三菱地所グループは、丸の内エリア全体で、あらゆる来訪者にとって安心・安全なまちづくりに取り組んでいきます。

画像:TIC 内での訪日客対応訓練の様子︎

TIC 内での訪日客対応訓練の様子

「地域の応急手当普及功労賞」最優秀賞の受賞

災害時における救命率を向上させるためには、一人ひとりの技能と意識を高める救命講習の受講促進や、事業所と地域との連携強化、安心・安全なまちづくりのための意識啓発が不可欠です。「地域の応急手当普及功労賞」は、こうした考えに基づいて応急手当の普及に取り組む事業所を表彰する制度であり、2014年度に東京消防庁によって創設されました。
2017年9月、三菱地所は「第4回 地域の応急手当普及功労賞」の最優秀賞(消防総監賞)を受賞しました。地域と連携した救護体制の構築や所有・管理するビルにおけるAED機器の導入、毎年実施している総合防災訓練など、地域と一体となった安心・安全なまちづくりの実績が評価されたものです。当社は、2009年に救命講習受講優良証の交付を受けて以来、8年間にわたって継続的に社員の救命講習受講を促進しており、AEDを使用して傷病者の呼吸と脈拍を回復させた実績もあります。また、総合防災訓練では災害時の医療連携訓練を行うなど、災害に強いまちづくりに力を入れています。
今後も、丸の内エリア一帯で開発を行う当社の強みを活かし、より一層安心・安全なまちづくりを進めていきます。

画像:表彰式の様子

表彰式の様子

「緊急事態対応マニュアル」の策定

三菱地所グループでは、さまざまな危機発生の場合、その危機に迅速かつ的確に対応することが三菱地所グループの健全な事業継続には不可欠であり、企業の社会的責任であるとの認識のもと、2009年4月に緊急事態全般に対応する「緊急事態対応マニュアル」を策定しました。このマニュアルは、危機管理における基本方針のほか、人命を最優先するなどの行動指針を明示しています。
また、緊急事態発生時の初動対応体制、連絡体制から緊急事態対策本部の体制、任務などを定めています。同マニュアルに基づく緊急連絡網を各事業グループにて整備し、携帯サイズの「緊急事態連絡カード」を作成、配付して、周知徹底を図っています。

画像:緊急事態連絡カード

緊急事態連絡カード

災害時の速やかな建物診断・復旧対応

地震などの大規模な災害が起こった際には、建物診断や復旧工事など、迅速な対応が求められます。三菱地所(株)では、グループ内の(株)三菱地所設計とともに、各施工会社と協力体制を構築し、テナント企業や来街者の安全・安心を図る体制をさらに強化しました。
三菱地所グループは丸の内エリアをはじめ、多数の大型ビルを保有し、運営管理しています。日常的に建物保守などの営繕工事が発生するため、数多くの各施工会社がサポート体制を構築しています。ビル内に専門技術スタッフが常駐する三菱地所グループならではの強みを活かしながら、日ごろ築いた協力関係に基づき、災害時の迅速な建物診断・復旧体制を整えています。
具体的には、各社のBCP活動に支障がない範囲で、建物応急危険度判定(建物外装、火災などの恐れのある場所および重要設備の点検)への協力、建物の安全確保のための応急修繕への協力、建物設備損傷度点検への協力、災害復旧計画の立案への協力、応急対応用資材の提供について、各施工会社合計22社と協働して、災害時に対応します。

普通救命講習を社員に実施

三菱地所では防災対策の一環として、2008年9月より災害対策要員を対象として普通救命講習(AED付)を継続的に実施しており、2009年2月に東京消防庁より「救命講習受講優良証交付事業所」の認定を受けています。
また、受講終了後3年を経過した社員や新入社員等の未受講者に対しては、都度、講習を受講させることにより、災害対策要員の救命技能の維持・向上に努めています。

写真:普通救命講習風景

普通救命講習風景

救命救急講習受講率※
※三菱地所・三菱地所レジデンス・三菱地所プロパティマネジメントの3社

62%
(2030年度目標 100%)

親子で考える防災ツール「そなえるドリル」の開発

三菱地所レジデンス(株)は、管理会社の三菱地所コミュニティ(株)と協働し、マンションの防災活動(防災計画策定・防災訓練実施)を継続的にサポートしています。
その一環として、親子で考える防災ツール「そなえるドリル」を開発し、2017 年9 月に「ザ・パークハウス防災プログラム」ホームページ上で一般公開しました。「そなえるドリル」は、子どもを入り口に「対話」のきっかけをつくり、家族の防災計画書ができるツールです。近年大きな自然災害が頻発していることを背景に、大人だけでなく子どもにも防災を身近な事柄として考え、行動につなげてもらうことを目指しました。今後は、マンションの防災訓練や小学生向け防災ワークショップなどで活用していきます。

画像:防災ツール「そなえるドリル」

新しく開発した防災ツール「そなえるドリル」

習志野市「奏の杜」エリアにおける大規模防災訓練

三菱地所コミュニティと三菱地所レジデンスは、東日本大震災の発生から7 年を迎える2018 年3月11 日に、千葉県習志野市の「奏の杜(かなでのもり)」で、過去最大規模となる防災訓練を実施しました。
「奏の杜」エリアでは、2015年3月より防災訓練をサポートしていますが、街全体で助け合うことを目指し、周辺のマンションに声をかけていくことでエリアの広がりや参加者の増加につながっています。今回の防災訓練は、三菱地所レジデンスが分譲した4つのマンションの管理組合と町内会と協働し「奏の杜」エリアにお住まいの約1,000名の住民が参加しました。訓練では、はしご車による救出や水消火器・被災生活を想定したマンホールトイレ組み立て訓練などが行われました。併せて、東日本大震災の語り部として活動されている山田葉子氏と、一般社団法人復興応援団の佐野哲史氏による講演会も開かれました。
今後も、災害に対して「自ら備える」土壌づくりと、互いに助け合う「共助」の体制構築を街全体に広げることを目指して活動を継続していきます。

画像:当日の訓練の様子(はしご車による救出訓練・講演会)︎

画像:当日の訓練の様子(はしご車による救出訓練・講演会)︎

当日の訓練の様子
(はしご車による救出訓練・講演会)

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。