地域とのつながり

九段中等教育学校での環境教育支援

「地域を知る~丸の内の歴史的変遷と環境、丸の内開発について~」をテーマとした総合学習の一環で、6月に、丸の内100年の歴史をDVDをもとにご説明し、実際にまちを歩きながら、現在のまちづくりの取り組みや、2010年に復元した三菱一号館美術館の1894年当時と今の比較、新築ビルでの取り組み事例となるサイクリングツリーなどを見学致しました。
また、10月には、課外授業として来訪した同校4名の生徒に対して、“2020年に向けて沢山の外国人に丸の内に来てもらう施策を考えよう!”をテーマに、インバウンドを意識した、生徒の視点から感じた取り組み提案を行うなど相互交流を図りました。

写真:九段中学校での環境教育支援

写真:九段中学校での環境教育支援

九段中等教育学校での環境教育支援

地域とのつながり

新たな2つの社会貢献活動を開始

三菱地所グループは、山梨県北杜市のNPO法人「えがおつなげて」と連携し、「都市と農山村がお互いに元気になる社会」を目指して支え合う「空と土プロジェクト」を推進しています。
2017年度は、プロジェクト設立10年を記念して、北杜市の耕作放棄地を開墾し、再生した棚田で育てられた酒米のうち、純米酒の原料として基準を満たさない純米を有効活用した「純米焼酎『大手町』」を地元の酒蔵と、東京農業大学で開発した天然酵母(花酵母)を使用し、共同開発しました。また、北杜市内の管理が行き届いていない山林を再生し、三菱地所グループへの木材供給および社員研修の場として利用する「三菱地所グループの森」の構築を目指す活動もスタートさせました。

空と土プロジェクト

写真:空と土プロジェクト

空と土プロジェクト参加者数

単年 370人/累計2,324人

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。