都市と農山村をつなぐ「空と土プロジェクト」

都市と農山村をつなぐ「空と土プロジェクト」

三菱地所グループは2008年4月に「三菱地所グループ社会貢献活動基本方針」を策定しました。同じ時期に、都市と農山村を結ぶ社会モデルの形成を目的として、山梨県北杜市に設立(2001年)された「NPO法人 えがおつなげて」が開催した限界集落ツアーに、同法人の取り組みや活動に共感した三菱地所(株)CSR推進部のメンバーが参加し、現在の「空と土プロジェクト」がスタートするきっかけとなりました。以来、都市と農山村が抱える課題について交流を通じて認識し、お互い元気になる社会をめざすことを目的に、多彩な体験ツアーや、地域資源を活かした「森林・山梨県産材を活用した住宅建材」や「純米酒丸の内」などの商品開発も行ってきました。今後も「NPO法人 えがおつなげて」の都市農山村交流事業との連携を通して、都市と農山村を結んで持続可能な社会の実現をめざす活動をサポートしていきます。

画像:都市と農山村をつなぐ「空と土プロジェクト」

写真:森林・山梨県産材活用

森林・山梨県産材活用

写真:純米酒丸の内づくり

純米酒丸の内づくり

画像:都市と農山村をつなぐ「空と土プロジェクト」

都市と農山村をつなげるさまざまな取り組みを展開ー「NPO法人えがおつなげて」

2001年に設立された「NPO法人 えがおつなげて」は、都市部からのボランティアの手で開墾した農地「えがおファーム」で稲作や野菜づくりに取り組んでいます。さらに山梨県と東京を中心にグリーンツーリズムをはじめとする都市農村交流事業を推進しています。こうした取り組みが高く評価されています。2015年5月には、丸ビル1階「マルキューブ」で開催された小泉進次郎代議士がモデレーターを務める内閣官房主催の地方創生イベント「丸の内×限界集落 東京の中心で地方創生を考える」に参加。当社とともに企業ファームの取り組みを紹介しました。

写真:地方創生イベントの様子

地方創生イベントの様子

空と土プロジェクト参加者数

単年 306人/累計2,018人

2017年度活動(一部予定を含みます)

①三菱地所グループ社員・OB ②大手町・丸の内・有楽町エリアにお勤めの方 ③丸の内カード会員 ④三菱地所のレジデンスクラブ会員 ⑤旧空土倶楽部会員(過去ツアー参加者含む)全てご家族・ご友人含む

酒米づくりツアー

参加対象:①②③④⑤

5/13(土)
第1回親子田植え編 ※終了
5/20(土)
第2回親子田植え編 ※終了

参加対象:①

6/10(土)
第3回親子除草編 ※終了
10/7(土)
第5回親子稲刈り編 ※終了
2/17(土)
第7回酒蔵見学編

参加対象:②③④⑤

6/17(土)
第4回親子除草編 ※終了
10/14(土)
第6回親子除草編 ※終了
2/24(土)
第8回酒蔵見学編

食育ツアー

参加対象:①②⑤

8/19(土)
親子夏野菜収穫体験&アウトドアクッキング ※終了
12/9(土)
親子収穫祭(味噌仕込み会)

郷役ツアー

参加対象:①⑤

4/30(日)
水路清掃 ※終了
9/23(土)
地域貢献作業(電柵設置等) ※終了

空土バスツアー・セミナー

参加対象:④

8/31(木)
セミナー「オーガニックな菜園ライフの楽しみ方①」 ※終了
12/2(土)
収穫祭ツアー
2/20(火)
セミナー「オーガニックな菜園ライフの楽しみ方②」

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。