特集:象徴的な4つの取り組み

皇居外苑濠水の浄化施設を備えた「大手門タワー・JXビル」竣工

2015年11月、三菱地所(株)がJXホールディングス(株)と共同で開発を進めてきた22階建て高層ビル「大手門タワー・JXビル」が竣工しました。このビルの最大の特徴は、民間では初の取り組みとなる、皇居外苑濠の水質改善に寄与する高速浄化施設と大型貯留槽を導入したことです。
近年、皇居外苑濠では、水不足などを原因とした慢性的な水質悪化が進行していました。同ビルの地下に設置された浄化施設では、皇居外苑濠から取水し、家庭浴槽1杯分(0.18㎥)の水を約5秒という高速で浄化。年間約500,000㎥の水を浄化できます。また、濠の水位低下によって水がよどむのを避けるため、濠に水を放流するための巨大な貯留槽(約3,000㎥、25mプール約6杯分)も備えました。この取り組みを通じて、特に大手門周辺の水質改善を図り、皇居外苑の良好な都市環境の再構築に寄与できると考えています。
そのほかにも、一部フロアに照度と色温度を自動調整するLED照明システム・画像センサー、静穏で温度ムラの少ない快適なオフィス環境と省エネを実現する輻射空調システムや個別冷暖房付デスクを導入するなど、環境に配慮した外装や設備を多数採用したことで、事務所エリアの床面積あたりCO2排出量を約36%削減できる見込みで、建築環境総合性能評価システム「CASBEE」Sクラスに相当(実施設計段階)します。
さらに、皇居外苑の緑とのつながりを意識し、隣接する2017年11月竣工予定の大手町パークビルと一体で外構の約45%にあたる面積を緑地化するなど、就業者などに心安らぐ空間を提供。省エネ性と快適性を共存させた先進的なオフィス空間を実現しています。

写真:大手門タワー・JXビル

写真:大手門タワー・JXビル

写真:皇居外苑濠

写真:皇居外苑濠

写真:皇居外苑濠

浄化・貯留施設イメージ(断面)

画像:浄化・貯留施設イメージ(断面)

屋上・壁面緑化面積

約35,210m²

世田谷ハウスにおける「生物多様性 実証実験」の取り組み

三菱地所グループが開発・運営する物件において、生物多様性に配慮しつつ、集う方々にとっても魅力的な外構づくりを行うため、三菱地所(株)では、2015年、所有する社宅「世田谷ハウス」の外構部分の改修を行い、「実験庭園」としてさまざまな実証実験を行っています。このたび、一般社団法人いきもの共生事業推進協議会による「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)[集合住宅版]」※を取得しました。
この「実験庭園」では中庭を生物多様性に配慮した環境に改修した後、この環境を維持管理し居住者の生物多様性への理解を深めていくため、維持管理、モニタリング、居住者参加型のコミュニケーションプログラムなど、当社のABINC認証取得物件での竣工後の運用を視野にさまざまな取り組みを行っています。

※ 土地利用における生物多様性への取り組みを可視化し、理解しやすくすることを目的として、2013年にオフィスビルと商業施設を対象に開始され、2014年度からは集合住宅、工場も認証対象となりました。

画像:ABINC認証

写真:実験庭園外観

実験庭園外観

4ヶ所のプレミアム・アウトレットを再生可能エネルギーに切り替え

三菱地所・サイモン(株)が運営する4ヶ所のプレミアム・アウトレット(御殿場〈静岡県〉、佐野〈栃木県〉、あみ〈茨城県〉、酒々井〈千葉県〉)では、2016年4月より、使用する電力の一部を、グリーン電力証書を利用した再生可能エネルギーへと切り替えました。
これによって、4施設の年間電力消費量4,000万kWhの20%にあたる800万kWhが再生可能エネルギーに代替されることとなります。これは、国内商業施設としては最大規模となります。 三菱地所・サイモンではこのほかにも、あみプレミアム・アウトレットで年間想定発電量115万kWhを有する自家消費用カーポート型太陽光発電設備を導入するなどの取り組みを進めています。今後も、こうした省エネを意識した施設づくりに力を入れ、環境負荷の低減に貢献していきます。

写真:あみプレミアム・アウトレット 自家消費用カーポート型太陽光発電設備

あみプレミアム・アウトレット 自家消費用カーポート型太陽光発電設備

太陽光パネル発電出力

約7,440kw/16ヶ所

「3×3 Lab Future」オープン

2016年3月、大手門タワー・JXビルの1階に、「経済・社会・環境」をキーワードに新たなビジネス創発を行う新拠点「3×3 Lab Future(さんさん ラボ フューチャー)」がオープンしました。
「自宅でも会社でもない第3の場所」をめざすこの施設は、セミナーやイベント開催を通じた「交流活動」、環境に関する取り組み情報を広く伝える「情報発信」に加え、三菱地所がこれまで行ってきた次世代オフィス空間実現のための研究をさらに発展させる「実証ラボ」としての機能も担っています。三菱地所が参加する一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会が執務室として使用する「次世代オフィス」に、個別冷暖房付オフィスデスク、健康状態センサー付チェアなどを導入し、実証実験を継続しているものです。
今後もさまざまなテーマで実証を行い、地域や社会の課題解決に貢献していきます。

画像:3×3 Lab Future

写真:3×3 Lab Future コミュニケーションゾーン

3×3 Lab Future コミュニケーションゾーン

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。