環境

事業を通じて持続可能な社会を実現するための環境への先進的な取り組みの推進

  • 事業活動において、エネルギー、水、原材料を効率利用するとともに、温室効果ガスの排出を削減します。
  • 電気や水の利用、交通・物流などを効率化するスマートコミュニティづくりに取り組みます。
  • ビルや住宅における再生可能エネルギー利用を拡大します。
  • 環境・社会に配慮していると評価されるビルや住宅を積極的に提供します。

三菱地所グループは、環境管理体制を整備するとともに、環境法令・規制を順守し、環境への配慮と環境負荷の低減を実践することにより、環境保全に努め、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献する環境への先進的な取り組みを推進します。

三菱地所グループは、グループ環境経営推進の責任者として三菱地所(株)に「環境担当役員」を任命するとともに、三菱地所(株)の各事業グループおよびグループ会社各社に「環境管理責任者」を任命しています。環境を含めたCSR全般に関する審議を行う「CSR委員会」「環境・CSR協議会」をそれぞれ年2回開催し、各組織の環境への取り組み状況、環境目標などについて討議、情報共有しています。

長期環境ビジョン

「三菱地所グループ長期環境ビジョン」を策定し、地球環境の負荷低減に向けて能動的に社会に貢献していく姿勢を、より明確にします。

画像:For the Environmental Substainability 2050

環境基本方針と推進体制

持続可能な社会の実現に貢献するために、事業活動のすべての領域で発生する環境負荷の低減を図っています。

写真:環境基本方針と推進体制

特集:象徴的な4つの取り組み

グリーン調達ガイドライン

三菱地所グループでは、地球環境との共生に積極的に取り組み、地球環境の負荷低減に貢献するため、「グリーン調達ガイドライン」を制定しています。

画像:三菱地所グループ「グリーン調達ガイドライン」

環境マネジメントシステム

三菱地所グループの一部の組織ではISO14001の認証を取得し、その他の組織ではISO14001に準じたシステムを構築し、運用しています。

写真:環境マネジメントシステム

低炭素社会形成に向けて
資源、エネルギーの効率的な利用を積極的に推進するとともに、再生可能なエネルギーの利用に努めています。
写真:低炭素社会形成に向けて
循環型社会形成に向けて
多岐にわたる事業活動の中で、リデュース(廃棄物等の発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(再生利用)に努めています。
写真:循環型社会形成に向けて
自然調和型社会形成に向けて
生物多様性に配慮し、自然と調和した魅力あふれるまちづくりを通じて、新たな価値創造や環境との共生に努めています。
写真:自然調和型社会形成に向けて
エコロジカルなひとづくり
実効性の高い環境活動を実施するため、環境教育、啓発活動を実施し、社員の環境保全意識の向上を図っています。
写真:エコロジカルなひとづくり
環境負荷低減に向けて
環境共生技術の提案や、環境保全対策、環境性能評価システムの取得などを通じて、環境負荷低減に努めています。
写真:環境負荷低減に向けて

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。