循環型社会形成に向けて

ビルにおける水資源の有効利用

三菱地所(株)では、トイレや給湯室の水量調整などの改善策を実施し、ビルの水使用の合理化を進めています。また、冷却塔のブロー水、厨房などの排水を浄化してトイレの洗浄水に再利用するなど、中水を利用しているビルにおいて、水資源の削減を進めています。

三菱地所 ISO14001対象ビルの水道使用量と原単位の推移

グラフ:三菱地所 ISO14001対象ビルの水道使用量と原単位の推移

※対象ビル数は建て替え、売買などの理由で年度により異なります。

ビルにおける廃棄物削減とリサイクルの取り組み

三菱地所グループではビルの管理・運営において、テナントの皆さまへ廃棄物分別への協力を呼びかけています。一部のビルでは生ゴミを飼料や肥料にリサイクルするなど、リサイクル率の向上に取り組んでいます。また、2016年度は、有害物質など周辺環境に著しい影響を及ぼすような漏出事故等は発生していません。

三菱地所 ISO14001対象ビルの廃棄物総量とリサイクル率の推移

グラフ:三菱地所 ISO14001対象ビルの廃棄物総量とリサイクル率の推移

※対象ビル数は建て替え、売買などの理由で年度により異なります。

三菱地所 ISO14001対象ビル※1の廃棄物種類別排出量とリサイクル先

グラフ:三菱地所 ISO14001対象ビルの廃棄物種類別排出量とリサイクル先

※ …対象ビル数は建て替え、売買などの理由で年度により異なります

※1…厨芥・雑芥は、最終的に焼却処分し、再生に適さない紙ゴミ、弁当殻を含みます。

※2…産業廃棄物はプラスチック製品、金属くず、陶磁器、ビニールなどで、最終的に埋め立て処分したものです。

三菱地所グループの廃棄物排出量・水道使用量

廃棄物排出量、水道使用量

48,069t/6,131千m³/年

Reビル事業で既存物件の有効活用とまちの賑わいを創出

三菱地所レジデンス(株)では、2014年5月から、築年数の経過した中小ビル等を再生して賃貸する「Reビル事業」(既存ストックリノベーション賃貸事業)に取り組んでいます。2017年には、過去最大規模の「ザ・パークレックス平河町」のリノベーションが完了し、3月から満室で本格稼働を開始しました。
このビルは築44年の物件ですが、耐震補強を実施し、シンプルなスケルトン仕上げをリノベーションのテーマとし、スタイリッシュで快適な空間を実現。個性を大事にするIT企業などに活用いただいています。
1階の外構スペースには多彩な植栽を施し、オープンカフェを誘致するほか、音を使った作品を展示する「サウンドミュージアム」を設置するなど、まちの活性化をめざします。
Reビル事業は2014年からの3年間で15棟、5年間で30棟の事業規模をめざし、既存ストックの有効活用という、社会的要請に応えてきました。今後も多角的な事業展開を図っていきます。
また、1棟リノベーションマンション事業にも本格参入。第1号物件として、「ザ・パークリモア白金台三丁目」のモデルルームが2017年1月にグランドオープンしました。

写真:Reビル事業で既存物件の有効活用とまちの賑わいを創出

中小ビルリノベーション/リノベマンション件数

115棟/7,429戸

官民協働のヒートアイランド対策を実施
-丸ビルの中水を「行幸通り」に散水-

三菱地所(株)は東京都建設局と協働し、2010年度から、東京駅丸の内口から日比谷通りまでの「行幸通り」に丸ビルの中水※を散水することで路面温度の上昇を抑えるヒートアイランド対策に取り組み、2017年度も継続して実施しています。散水した中水が気温の上昇に伴って気化していく過程で周囲の熱を奪い、路面温度の上昇を最大で10℃程度抑えることができます(2010年夏測定値)。
この取り組みにあたって、東京都建設局は、行幸通りの舗装の内部に水を蓄えることのできる保水材を詰めた「保水性舗装」を車道部に施工しました。また、三菱地所は、丸ビルの中水を路上に散水するための設備を設置しました。

※中水:ビルのテナントの厨房排水や雨水などを処理した水。丸ビルではトイレの洗浄水や外構部の植栽散水用にも中水を利用しています。

画像:丸ビルからの中水・供給ルート

写真:行幸通りの整備状況(丸ビル付近)

行幸通りの整備状況(丸ビル付近)

中水の継続的な活用

(株)サンシャインシティでは、2016年度に館内で使用された560,445m³の水道水をリサイクルし、343,637m³もの貴重な水資源を再生しました。再生された水は、館内のトイレの洗浄水に使用しています。
この雑排水の再生システムは上水道の中間の「中水道」と呼ばれますが、サンシャインシティでは39年前の建設当初から導入しています。単独ビル用としては日本で初めての中水道システムで、その先進性が話題になりました。この中水道プラントは、サンシャイン60ビルの地下3階にあり、トイレの手洗いや、ビル内で発生した厨房排水、ホテルの浴室などの排水を1日最大約1,200トン浄化しており、再生された「中水」はビル内のトイレの洗浄水に使用されています。

※温水洗浄便座の洗浄水を除く。

写真:中水(再生水)が作られる過程

中水(再生水)が作られる過程

中水道システムの仕組み

画像:中水道システムの仕組み

「横浜環境行動賞」の「3R活動優良事業所」に認定受賞

(株)横浜スカイビルは、2016年11月に開催された「横浜環境行動賞/推薦者表彰式」において、分別・リサイクルに徹底して取り組んでいる大規模事業所に与えられる「3R活動優良事業所」に、横浜市より認定されました。
この賞は、各事業所より排出されるゴミを適切に分別し、減量化・資源化を積極的に行った事業所を、2005年度より「分別優良事業所」として認定していましたが、2011年度からは、前記活動に加えて幅広く3R活動(リデュース、リユース、リサイクル)を、より積極的に行った事業所を、「3R活動優良事業所」と名称を変更し認定しています。
同社では、「分別優良事業所」認定発足以来、10年連続で本賞に認定されていましたが、2016年度も、横浜市よりその行動、功績が高く評価され、実質、12年連続受賞となりました。
今後もより一層、各テナントとの協力体制を構築し、廃棄物の分別、3R活動に積極的に取り組んでいきます。

写真:2016年「ヨコハマ3R夢」推進者表彰状

2016年「ヨコハマ3R夢」推進者表彰状

地域一体で弁当容器リサイクル活動を推進
「丸の内エコ弁」プロジェクト

日本随一のビジネス街である大丸有エリアで販売されている弁当の容器に、リサイクル容器を導入しました。容器はエリア内の20ビル、約400ヶ所に設置された回収ボックスで回収します。
弁当を販売する店舗、ビルオーナー、購入者の三者が協力することで初めて成立するシステムであり、リサイクル活動のアプローチが難しいビジネスマンの環境意識を向上させる役割も担っています。そのため、エリア内のデジタルサイネージでの紹介や、回収ボックス周辺へのポスター掲出、プロジェクトを紹介するリーフレットの配布など、周知活動を行ってきましたが、今後も継続して認知度と回収率の向上をめざしていきます。
また、この取り組みは、千代田区温暖化配慮行動計画制度において、特別賞を受賞しました。

写真:「丸の内エコ弁」プロジェクト

エコシンクによる塗料洗い水の浄化システムの運用

三菱地所ホーム(株)では、工事現場周辺および河川の水質汚濁防止のため、現場で発生する水性塗料の洗い水を現場で浄化させるシステムを協力会社の(株)北陽と開発しました。
首都圏エリアでは、各地方自治体の公共用河川への排水規制基準をすべてクリアしたそのエコシンクシステムを2009年11月より運用を開始しました。さらに、2010年8月には塗料洗浄残渣のセメント原料へのリサイクルを実現しました。

写真:現場に排出される処理水

現場に排出される処理水

エコシンクシステムの概要

画像:エコシンクシステムの概要

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。