設計監理事業

歴史と実績を誇る業界トップクラスの組織設計事務所

三菱地所設計(2001年、三菱地所の設計監理事業部門が分社)は、建築・土木の設計・監理をはじめ、リノベーション業務、都市・地域開発関連業務、各種コンサルティング業務等を幅広く行う組織設計事務所です。

1890年三菱社に設置された「丸ノ内建築所」をルーツとし、日本最初の賃貸オフィスビルである三菱一号館から現在進行中の丸の内再構築まで、オフィス建築はもとより、学校、マンション、ホテル、商業施設など様々な建物の設計監理に携わってきました。

120年を越える歴史の中で培った知見とデザインセンス、最先端の技術を活用し、社会の要請に応えた安心・安全で魅力的な都市・建築づくりを進めています。

最近の設計監理物件

写真:安川電機みらい館

台北南山広場プロジェクト

竣工年:2017年(予定)    所在地:海外(台湾台北市)   用途:オフィス、商業施設、公共・文化・スポーツ、バスターミナル
敷地面積:17,708m²   延床面積:201,800m²   階数:地上45階、地下5階   構造:地上S造、地下RC造

写真:北國銀行本店ビル

ビッグルーフ滝沢(滝沢市交流拠点複合施設)

竣工年:2016年
所在地:岩手県滝沢市
用途:図書館、ホール
敷地面積:28,054m²
延床面積:6,356m²
階数:地上2階
構造:地上S造

写真:島津製作所E1号館

MUFGグローバルラーニングセンター

竣工年:2015年
所在地:神奈川県横浜市
用途:研修所
敷地面積:7,553m²
延床面積:35,661m²
階数:地上8階
構造:地上S造

「設計監理」のサービス詳細はこちら

施設・サービス紹介

個人のお客さま

  • 住まい
  • ショッピングセンター
  • ホテル・リゾート
  • 三菱地所グループCARD
  • 不動産のご相談

法人のお客さま

  • 賃貸オフィス
  • 丸の内のご紹介
  • 物流施設
  • グローバル
  • 設計監理
  • 資産活用
三菱地所グループのプロジェクト紹介 三菱地所がこれまで蓄積してきた開発力・企画力・運営力などグループ全体のリソースを最大限に活用し、展開しているプロジェクトをご紹介します。